KDDI、耐衝撃性能搭載の5インチスマートフォン「URBANO」を6月28日より発売

 

KDDI、沖縄セルラー電話は24日、5.0インチAndroidスマートフォン「URBANO L03」(京セラ製)を6月28日より全国発売することを発表した。端末の一括購入価格は税込み64,800円。

「URBANO L03」

クリックで拡大

「URBANO L03」は5.0インチTFT液晶(フルHD)搭載のAndroidスマートフォン。特長としては、米国国防総省が定めるMIL規格に準拠した耐衝撃性能を備えている。ほかにも、スマートフォンのエントリーユーザー向けに、文字が大きく見やすいホーム画面(エントリーホーム)に簡単に切り替えが行える機能を搭載。スマホ熟練度に応じて自分に合うホームアプリを選択することができる機能や、Android標準のフォントサイズよりも大きなオリジナルフォントサイズで表示できる「でか文字」や「拡大鏡」にも対応する。

また、「おくだけ充電」に対応したワイヤレス充電モデルも同時に発売される。

主な仕様としては、OSがAndroid 4.4、CPUがMSM8974AB 2.3GHz クアッドコア、内蔵メモリは約16GB(ROM)/約2GB(RAM)。外部メモリはmicroSDXC(最大64GBまで)。背面には約1300万画素、前面には約97万画素のCMOSカメラを内蔵。IPX5/8相当の防水性能、IP5X相当の防塵性能を備え、バッテリ容量は3,000mAhで、連続通話時間が約1,480分、待受時間は約730時間(3G)/約700時間(LTE/WiMAX 2+)となっている。

サイズ/重量は通常版が、幅約70mm×高さ約140mm×厚さ約9.9mm(最厚部は約10.4mm)/約154gで、ワイヤレス充電モデルが幅約70mm×高さ約140mm×厚さ約10.3mm(最厚部約10.4mm )/約159g。カラーバリエーションはパープルブラック、アイビーグリーン、ピンクゴールドの3色から展開される。なお、ワイヤレス充電モデルはパープルブラックのみ。

通信面では、Eメール(~@ezweb.ne.jp)、Wi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac)、SMS、Bluetooth(ver.4.0)、緊急速報メール、おサイフケータイ、NFC、赤外線通信、ワンセグの利用が可能。ほかにもWiMAX 2+、キャリアアグリゲーション、Wi-Fiテザリング(最大接続数10台)、WIN HIGH SPEED、国際ローミングサービス「グローバルパスポート(LTE/GSM/UMTS)」をサポートする。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ダウンタウン、解散や引退に言及 - 松本人志「解散はない」
[08:34 9/30] エンタメ
【特別企画】ランサムウェア対策に重要なのはバックアップ!? 感染時に必要な対策とは
[08:32 9/30] IT製品比較
鈴木亮平が銭形のとっつあんに大変身! ドラマ『銭形警部』2017年放送
[08:30 9/30] エンタメ
ロジテック、LightningとUSB-Aコネクタを備えたUSBメモリ
[08:24 9/30] パソコン
さだまさし、大ファンの『鬼平』出演 - オファーに「出るに決まってるだろ!」
[08:23 9/30] エンタメ