最も残業時間が長いのは、年収1,500万円~2,000万円 - 月間60時間を超える

 

ヴォーカーズは、同社が運営するサイト「Vorkers」に投稿された約6万8,000件の社員による在籍企業の評価レポートから、「残業時間」を対象にデータを集計し、このほど結果を発表した。

平均残業時間(月額)の年齢別推移

同調査は、2007年7月~2014年5月に投稿されたレポート回答(全6万8,853件)を対象データとしている。ただし、「年収別の平均残業時間(月間)」「年収・年齢別の平均残業時間(月間)」「職種別残業時間ランキング」は、2013年6月からのレポート内容(1万8,460件)が対象となっている。

まず、年齢別の平均残業時間を調べたところ、20~30代は、月間平均残業時間は約50時間だった。しかし、40歳前から減少しはじめ、50歳前には月間平均残業時間が45時間より少なくなっている。体力面の問題もあるが、管理職となり現場を離れることで、残業の必要性が低下することなどが考えられる。

月間の平均残業時間について尋ねたところ、「30時間」が14.5%と最も多かった。次に「40時間」(13.7%)、「20時間」(13.0%)と、平均残業時間は20時間~40時間が全体の41.2%でボリュームゾーンであるようだ。毎月の勤務日数の平均が20日程度と想定すると、1日あたり約1~2時間程度の残業をしていることがわかる。

平均残業時間(月額)別の回答者割合

年収別の月間平均残業時間を見ると、年収「1,500万円~2,000万円」が最も長く働いており、60時間を超えている。年収「300万円~500万円」は45時間で、年収1,500万円~2,000万円と比べると、15時間の差が見られた。

また、年齢別の残業時間をさらに年齢層に区切って集計したところ、どの年代においても、年収が高い人ほど、残業時間が長くなっている。特に月70時間を超える残業となっているのが、「35歳~39歳で年収1,000万円を超えている人」で、最も残業時間が長いのは「35歳~39歳の年収2,000万円~3,000万円の人」であることがわかった。

年収別の平均残業時間(月間)

関連したタグ

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

「この会社で勉強したい」はOK? NG?
「この会社で勉強したい」はOK? NG?

採用担当者が明かす! 面接でNGな志望理由

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

骨組みがビューティフル!渡辺篤史、巨大吹き抜けの家を探訪
[12:00 7/30] エンタメ
[マンガ新連載]「空電ノイズの姫君」 冬目景の新作 タイプの違う二人の女子高生描く
[12:00 7/30] ホビー
[小松未可子]負けず嫌いな性格に共感 みかこしが女性ヒーロー“スーパーガール”に
[12:00 7/30] ホビー
どんな家に住んでますか? 第8回 "軸"がある家
[12:00 7/30] ライフスタイル
『魔法つかいプリキュア!』、第26話のあらすじ&先行場面カットを公開
[12:00 7/30] ホビー

求人情報