東京都・東京スカイツリーで「リアル宝探し」--天望デッキ・回廊も舞台に

「ソラノキ博士とナゾ解き調査団」を開催

東武タワースカイツリーは7月1日~8月31日、東京スカイツリー内にて「ソラノキ博士とナゾ解き調査団」を開催する。

"世界一"高いタワーで、「リアル宝探し」を開催

同イベントは、体験型のリアル宝探し「タカラッシュ!」を運営するラッシュジャパンが企画・制作を担当する、「東京スカイツリー」を舞台とした体験型のナゾ解きイベント。

ソラノキ博士によって描かれた「設計図」のナゾを読み解き、 東京スカイツリー内に隠された「秘密の報告書」を探し出しながら、同時にタワーの構造も楽しく学べる。

捜索範囲は、1F~5Fの下層フロアから地上350mの「東京スカイツリー天望デッキ」、地上450mの「東京スカイツリー天望回廊」まで含み、東京スカイツリー内を隅々まで満喫することができる。

すべてのナゾを解いた人には、東京スカイツリー公式キャラクター「ソラカラちゃん」のステッカーと東京スカイツリー豆知識集「ソラノキ報告書」のほか、「タカラッシュ!」サイトで宝物アイテム(デジタル)と交換できる"タカラッシュ! カード"をプレゼントする。「ソラノキ報告書」は子どもの、夏休みの自由研究の1つとして活用するのもオススメだという。

開催日時は、7月1日~8月31日 8時~21時30分(発見報告受付時間は21時45分まで)。開催場所は、東京スカイツリー内。参加無料だが、天望デッキおよび天望回廊への入場券購入が別途必要となる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事