キヤノン、「EF-M」レンズ初の望遠ズーム「EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」

 

キヤノンは、「EOS M」シリーズ用の交換レンズ「EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」を発表した。発売は7月上旬で、価格は49,000円となっている(税別)。

「EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」

ミラーレス一眼「EOS M」シリーズ用の「EF-M」レンズとして初となる望遠ズームレンズ。一眼レフカメラ「EOS」シリーズ用の同クラスの交換レンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」と比べて全長は約22%コンパクトに、質量は約31%軽量になっており、「EOS M」「EOS M2」のコンパクトさを損なわない。小型・軽量化が図る一方で、ガラスモールド非球面レンズ1枚とUD(特殊低分散)レンズ1枚を効果的に配置することで、ズーム全域で高画質を実現した。

別売のレンズフード「ET-54B」

AF用アクチュエーター(駆動装置)とカメラのAFアルゴリズムで、マッチングを最適化。これにより、高速AFを実現している。また、軽量なフォーカスレンズやステッピングモーター(STM)を採用することで、動画撮影時でも静かでスムーズなAFが可能だ。

主な仕様は、焦点距離が88~320mm(35mmフィルム換算時)、レンズ構成が11群17枚、絞り羽枚数が7枚(円形絞り)、最小絞りがF22-32、最短撮影距離が1m、最大撮影倍率が0.21倍。シャッター速度換算で3.5段分の手ブレ補正が可能。

フィルター径は52mm、本体サイズは最大径が60.9mm、全長が86.5mm、重量は約260gとなっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

松岡修造「今日から君はリオオリンピックだ!」4年後見据え激アツでアピール
[05:00 7/2] エンタメ
[松岡修造]7度目五輪キャスターで寺川綾とタッグ 「今日から君はリオオリンピックだ!」
[05:00 7/2] エンタメ
松岡修造「今日から君はリオオリンピックだ!」寺川綾とテレ朝中継盛り上げ
[05:00 7/2] エンタメ
TVアニメ『食戟のソーマ 弐ノ皿』、第1話のあらすじと先行場面カット公開
[01:54 7/2] ホビー
オリジナルアニメ『終末のイゼッタ』、10月放送開始! PV第二弾を公開
[01:34 7/2] ホビー