三菱重工ら、ボーイングの「777X」開発・量産に参画

日本航空機開発協会、三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、新明和工業、日本飛行機は6月12日、ボーイングと次世代大型旅客機「777X」の開発、量産事業に参画するための主要契約条件に関する覚書に調印したと発表した。

777Xの製造は各社で分担し、胴体部、中央翼、圧力隔壁、主脚格納部、乗降扉、貨物扉、主脚扉、主翼構成品、翼胴フェアリングを含む約21%におよぶ777Xの主要構造部位の製造を行う。

現行777における各社担当の踏襲を基本とし、三菱重工業が後部・尾部胴体および乗降扉を、川崎重工業が前部・中部胴体、主脚格納部、貨物扉および圧力隔壁を、富士重工業が中央翼、中央翼・主脚格納部結合、主脚扉および翼胴フェアリング(前部)を、新明和工業が翼胴フェアリング(中・後部)を、日本飛行機が主翼構成品を手掛ける計画。

777Xは、大型双発旅客機777シリーズの後継機で、777-8Xおよび777-9Xで構成される。

現在、777-9Xを開発中であり、2017年に製造を開始、初号機の引き渡しは2020年を予定している。

ボーイングの次世代大型旅客機「777X」

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事