Pivotal、エンタープライズPaaS管理製品「Pivotal CF」販売開始

Pivotalジャパンは6月11日、エンタープライズPaaS戦略を支えるCloud Foundryディストリビューション製品「Pivotal CF(ピボタル シーエフ)」の販売を開始したことを発表した。「Pivotal CF Foundation」と「Pivotal CF App Instance」の2製品が用意されている。いずれもサブスクリプションモデルでの提供で、Foundationが年間282万8200円(税別)、App Instanceが年間1728万5400円(税別)。

Pivotal CFは、オープンソースで開発が進むCloud Foundryをベースに、一貫性のあるスケーラブルな実行環境として「Pivotal CF Elastic Runtime Service(ピボタルシーエフ エラスティック ランタイム サービス)」を提供することで、Linux上で動作する標準的なフレームワーク、および言語をサポートするもの。

展開されたアプリケーションは、ビルドインされたサービスの活用、さらには新しいデータサービス、あるいは既存のユーザ定義のサービスを自動的に割り当てることも可能となる。

さらに、エンタープライズPaaS管理製品である「Pivotal CF Operations Manager(ピボタル シーエフ オペレーション マネージャー)」により、インフラストラクチャとの統合を促進、ダウンタイムなしのパッチ適用、あるいはサービス停止を伴わない運用管理も実現可能だ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事