マイクロン、ゲーミング用とサーバ用の高品質な新世代DDR4メモリ

マイクロンジャパンは3日、DDR4に対応したゲーム用メモリモジュール「CRUCIAL BALLISTIX ELITE DDR4」と、サーバ用メモリモジュール「Crucial DDR4 サーバーメモリ」を発表した。8月より出荷を開始する。

CRUCIAL BALLISTIX ELITE DDR4

「CRUCIAL BALLISTIX ELITE DDR4」は、DDR4対応のメモリモジュール。モジュールは4GB / 8GBがあり、キットとして8GB / 16GB / 32GBの容量が用意されている。

リリース時の最低速度は、2,666MT/sおよび3,000MT/sに達し、技術が熟成していけば一層の高速化も可能としている。メモリ帯域幅が最大24GB/sに増加したことで、DDR3を超える高速アクセスが可能。モジュールはIntel X99プラットフォーム向けに最適化され、基板には陽極酸化アルミニウム製ヒートスプレッダを備える。

「Crucial DDR4デスクトップメモリ」も8月より発売される。最大容量は32GB。リリース時の最低速度が2,666MT/sの4チャンネルキットとなる。

Crucial DDR4 サーバーメモリ

4GBモジュール

8GBモジュール

16GBモジュール

「Crucial DDR4 サーバーメモリ」は、サーバ用のDDR4メモリモジュール。単体のモジュールのほか、各モジュールを2枚セット、4枚セットにしたキットもラインナップに加えられている。

メモリ帯域幅は最大17GB/sで、データレートは2,133MT/s。DDR3と比較して約2倍の速度を達成。独自の4チャネルメモリアーキテクチャを活用して、連続データスループットも高めている。

1.2Vで動作し、1.5Vで動作するDDR3と比較して使用電圧が低下。消費電力を最大で40%削減できる。Intel Xeon E5-2600 v3を搭載する次世代システム向けに最適化が行われている。全モジュール共通の仕様として、速度が2,133MT/s、電圧が1.2、VCASレイテンシーがCL15。

■主な仕様
製品型番 モジュールのタイプ 密度 ランク コンポーネントの構成
CT8G4TFD8213 ECC SODIMM 260ピン 8GB デュアル 512MB×8
CT4G4WFS8213 ECC UDIMM 288ピン 4GB シングル 512MB×8
CT8G4WFD8213 ECC UDIMM 288ピン 8GB デュアル 512MB×8
CT4G4RFS8213 RDIMM 288ピン 4GB シングル 512MB×8
CT8G4RFS4213 RDIMM 288ピン 8GB シングル 1,024MB×4
CT16G4RFD4213 RDIMM 288ピン 16GB デュアル 1,024MB×4
CT32G4LFQ4213 LRDIMM 288ピン 32GB クアッド 2,048MB×4
CT8G4VFS4213 VLP RDIMM 288ピン 8GB シングル 1,024MB×4
CT16G4VFD4213 VLP RDIMM 288ピン 16GB デュアル 2,048MB×4
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事