「女子ーズ」公開記念、島本和彦描く読切がヒーローズに

「女子ーズ」の扉ページ。(c)2014「女子ーズ」製作委員会

本日5月31日に発売された月刊ヒーローズ7月号(ヒーローズ)には、映画「女子ーズ」の公開を記念した読み切りマンガが掲載されている。執筆は映画のコスチュームデザインを手がけた、島本和彦が担当した。

「女子ーズ」は「名字に色を表す漢字が入っている」という理由で集められた5人の女の子が織り成す戦隊ヒーローコメディ。読み切りでは彼女たちと、クモ伯爵と呼ばれる怪人との対決をコミカルに描いていく。また巻頭には島本と、映画で紺野すみれ役を演じた山本美月の対談を掲載。島本描き下ろしによる「女子ーズ」のポスターも封入されている。映画は6月7日より新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。

このほか今号ではノストラダムスの予言を題材にした、猪原賽原作による平尾リョウの新連載「放課後カタストロフィ -Re:THE END of the end-」がスタートした。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事