KDDI、経産省「どんぐりポイント」活動に協賛 - 下取り価格に応じて付与

KDDIと沖縄セルラーは5月30日、通信事業者として初めて、経済産業省が実施する省エネルギー・低炭素化等を目的とした「どんぐりポイント制度」に協賛することを発表した。6月1日より、活動を開始する。

どんぐりポイント制度は、カーボン・オフセットを促進することで低炭素製品の普及を促し、社会全体の二酸化炭素排出量を削減する経済産業省の取り組み。

カーボン・オフセットによって、二酸化炭素の排出量を削減した製品やサービスに「どんぐりポイントラベル」が付与される。

KDDIでは、環境月間にあたる6月1日~30日までの間、全国のauショップやau取扱店において、ユーザーがau携帯電話などの下取りプログラムをご利用した際に、下取り金額に応じて「どんぐりポイント」を付与する。

KDDIはユーザーの代わりに、どんぐり事業事務局を通じてNPOやボランティア団体にどんぐりポイントを寄付する。寄付した「どんぐりポイント」は、森林保全活動と東日本大震災で被災した東北地域の復興活動に役立てられるという。

どんぐりポイント寄付の流れ

その他企業では、ソニーモバイルが3月~4月に「Xperia Z1」で「どんぐりポイント」キャンペーンを行なっていた。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事