富士ゼロックス、低価格A3カラー複合機をアジア太平洋地域向けに発売

 

富士ゼロックスは5月28日、個人事業主(SOHO)および中小規模事業所(SMB)向けに、低価格A3対応カラー複合機「DocuCentre SC2020」をアジア太平洋地域 で発売したと発表した。

DocuCentre SC2020の製品写真

DocuCentre SC2020は、新開発の電流狭窄自己走査型発光素子およびLEDプリントヘッドを採用し、1200×2400dpiの高解像度プリントを実現。電流狭窄自己走査型発光素子は、独自の面発光型半導体レーザー(VCSEL:ヴィクセル)技術を応用したもので、電流の経路を制御・制限して発光量を増やした。

また、PCから直接Faxを送信したり、受信したFaxをサーバーにアップロードまたは登録したメールアドレスに送信できる。iOS/Android搭載のモバイル端末からウェブページや写真を直接プリントできるほか、DocuCentre SC2020でスキャンしたドキュメントを無線LAN経由でモバイル端末に取り込める。

さらに、低消費電力を実現し、国際エネルギースタープログラムに適合するための基準値であるTEC値が1.2 kWh、稼働時間の大半を占めるスリープモードが1.4Wとなっている。

同社は、2012年から2015年のローエンドA3カラー複合機市場は、アジア太平洋地域で約10%、中国市場では10%以上成長すると予測。DocuCentre SC2020 を投入し、SOHO/SMBの利用者のコミュニケーション活性化および業務生産性向上に貢献する方針だ。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

電通、フォントと配色でデジタルサイネージを見やすくする表示形態を開発
[15:41 1/23] 企業IT
2016年の半導体企業売上高トップ10 首位は25年間連続でIntel - Gartner
[15:35 1/23] テクノロジー
静岡県三島市、パイオニアVCの電子黒板を市内の公立小中学校21校に導入
[15:30 1/23] 企業IT
IT運用管理でマシンデータを分析して常に活用している企業は11.7% - IDC
[15:30 1/23] 企業IT
過去の「利用頻度の高い位置情報」を確認できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[15:29 1/23] スマホとデジタル家電