Apple IDのクラックと身代金要求が発生中 - シマンテック

 

シマンテックは公式ブログにおいて、Apple IDのクラックに関して注意を促している。Mac、iPhone、iPadといったApple製のデバイスがリモートから勝手にロックされ、ロックを解除するために身代金を要求する手口。攻撃者はOleg Plissという人物を語り、Oleg Pliss氏本人に罪を着せようとしているという。

ロックされた iPhone の身代金要求メッセージ(シマンテックのブログより)

Apple IDは、オンラインのApple StoreやiTunes Storeで買い物をしたり、Appleに問い合わせをするときに必要となるID。今回の被害は、オーストラリアやニュージーランドで多く発生している。シマンテックによると、Apple IDがどのようにして乗っ取られたかは不明だが、脆弱なパスワードやその使い回し、フィッシングなどが原因の可能性があると述べている。

攻撃者は、不正に入手したApple IDを使って別のユーザー(被害者)になりすまし、iCloudにログイン。iCloudの「iPhoneを探す」や「紛失モード」といった機能を悪用して、デバイスをロックしたり、身代金を要求するメッセージを送信したりするという。シマンテックは「どのような場合でも、身代金は支払わないでください。」としている。

Apple IDの対処については、まず自分のApple IDにサインインしてパスワードを確認および変更。パスワード変更後、iCloudアカウントにサインインしてから、すべてのブラウザでiCloudからサインアウトするようアドバイスしている。

ロックされたデバイスは、パスコードを入力すればロック解除できる。これは事前にパスコードの設定が必要で、もしパスコードを設定していなかった場合は、Appleのサポートを受けるしかない。ただし多くの報告によると、「デバイスをワイプして、バックアップから復元するしか方法がない」とも述べている。

また、Apple IDとデバイスを保護する手段として、「デバイスにパスコードを設定」「Apple IDに強力かつ固有のパスワードを設定」「Apple IDに2ステップ認証を設定」「デバイスのバックアップを実行」をすすめている。Appleデバイスのユーザー諸氏は、一度自分のApple IDを確認し、対策を講じていただきたい。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

就職活動に役立つと思うアルバイトランキング、1位は?
[12:43 9/27] シゴト
レノボ、"Tango"搭載6.4型ファブレット「Phab2 Pro」 - 税別49,800円
[12:37 9/27] パソコン
京大、生物を模倣した触媒反応で機能性炭素ナノリボンを合成
[12:34 9/27] テクノロジー
『デスノートLNW』現場に潜入! 東出昌大×池松壮亮×菅田将暉、唯一の対峙シーンで銃撃音
[12:30 9/27] エンタメ
TOKIO国分太一、福山雅治ライブでの事故「人ごととは思えない」
[12:28 9/27] エンタメ