米YouTube、クリエイター専用アプリや収益化システムなど今後の計画を公開

  [2014/05/26]

米YouTubeは、今後対応する予定となっている新たなクリエイター向けの機能に関して、公式ブログ「YouTube Creater Blog」にて発表した。

YouTube Creater Blog

このたび発表されたのは、YouTubeにコンテンツを投稿するクリエイター向けの新たな取り組みで、同社が年に2回、グローバルで展開している満足度調査に基づいて導きだされた内容となっている。同ブログでは、今後数カ月の間に新機能について紹介する動画を公開。ローンチ前に内容を公開したのは、新機能に関するフィードバックをクリエイターたちから受けるためとあるという

また、今後実装される新機能として、クリエイター専用のモバイルアプリがまず挙げられている。加えて、YouTubeで作品を公開しているクリエイターに対し、ファンが直接資金を供給できるようにする機能も追加予定だ。そして、YouTubeに投稿された動画コンテンツに対して、多言語によるキャプション・字幕の作成をクラウドソーシングの手法で実現する試みも計画されている。

そのほか、最近追加された機能として、カバー曲の投稿者が権利者と収益を分け合うことができる機能や、コメント管理機能の刷新、YouTubeコンテンツの制作に取り組もうとするクリエイターの疑問に答えるコンテンツ「Creater Academy」の拡充などを挙げている。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

CORSAIR、「ニンジャスレイヤー」×「歌謡タイピング劇場」キーボード
[09:00 5/29] パソコン
イーサプライ、スマホをセットして3D映像を楽しむVRゴーグル
[09:00 5/29] パソコン
【レビュー】海外の"やりすぎ"料理に挑戦! ピザやハンバーガーを揚げるとおいしいの?
[09:00 5/29] 趣味
ダニエル・クレイグ、『ローガン・ラッキー』出演に向けて最終交渉
[09:00 5/29] エンタメ
モンテール、糖質を抑えたプチシューやキレートレモンとのコラボゼリー発売
[09:00 5/29] ヘルスケア

特別企画 PR