JR西日本、新たな寝台列車を2017年春導入へ - ハイブリッド方式の10両編成

 

JR西日本は21日、新たな寝台列車の導入について概要を発表した。運行開始は2017年春(予定)とされている。

JR西日本が導入する新たな寝台列車の外観イメージ。なお、イメージは変更になる場合があるとのこと(画像はすべてJR西日本提供)

同社は2013年3月に策定した「中期経営計画2017」の中で、「地域と一体となった観光振興の推進」への取組みの一環として、新たな寝台列車の導入を明らかにしていた。今回の発表によれば、寝台列車は10両編成で、内訳は客室車6両、食堂車1両、ラウンジカー1両、展望スペース付き先頭車2両。動力方式はハイブリッド方式(ディーゼル発電機にて発電した電力とバッテリーアシストによるモータ駆動)となる。

車両のエクステリアデザインは、新幹線N700系をはじめ多くの鉄道車両を手がけるインダストリアルデザイナー、福田哲夫氏が担当。インテリアを中心とした全体デザインは、建築家・インテリアデザイナーの浦一也氏が手がける。列車内での食事については、フードコラムニストの門上武司氏が担当する。

客室は2クラス(計16室)あり、定員は30名程度に。最上級の客室は1両1室の広いスペースとし、プライベートバルコニーや本格的なバスルームも設置。他の客室車は1両あたり客室3室となる。列車コンセプトは、「美しい日本をホテルが走る ~上質さの中に懐かしさを~」で、インテリアも洗練された上質さと心休まる懐かしさを感じる「ノスタルジック・モダン」テイストのデザインに。

最上級となる客室(1両1室)の全体イメージ

客室車(1両1室)のバスルーム

客室車(1両1室)のリビング

客室車(1両3室)の客室イメージ

同列車の運行エリアについては、美しい日本を再発見する旅の提供に向け、「世界遺産などの歴史・文化が豊かな地域を巡り、車窓から美しい風景をお楽しみいただける」(JR西日本)ことから、当面は京阪神と山陰・山陽エリアでの運行が予定されている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

矢口真里、着信拒否で絶縁状態だった美川憲一に謝罪「大先輩に…」
[21:38 8/29] エンタメ
[三浦知良選手]来年50歳でも「うまくなりたい」
[21:22 8/29] エンタメ
東国原英夫、ネット住民と直接対決「また選挙に出るつもり?」と詰め寄られ…
[21:19 8/29] エンタメ
ジュウオウジャー、「ゴーカイジャー」との共演シーンではNGも - 映画大ヒット御礼イベントで告白
[21:00 8/29] ホビー
武藤敬司流「想像の斜め上をいく極意」- 「遊び心」が「人の心」をつかむ
[21:00 8/29] エンタメ

本音ランキング