JR西日本、新たな寝台列車を2017年春導入へ - ハイブリッド方式の10両編成

 

JR西日本は21日、新たな寝台列車の導入について概要を発表した。運行開始は2017年春(予定)とされている。

JR西日本が導入する新たな寝台列車の外観イメージ。なお、イメージは変更になる場合があるとのこと(画像はすべてJR西日本提供)

同社は2013年3月に策定した「中期経営計画2017」の中で、「地域と一体となった観光振興の推進」への取組みの一環として、新たな寝台列車の導入を明らかにしていた。今回の発表によれば、寝台列車は10両編成で、内訳は客室車6両、食堂車1両、ラウンジカー1両、展望スペース付き先頭車2両。動力方式はハイブリッド方式(ディーゼル発電機にて発電した電力とバッテリーアシストによるモータ駆動)となる。

車両のエクステリアデザインは、新幹線N700系をはじめ多くの鉄道車両を手がけるインダストリアルデザイナー、福田哲夫氏が担当。インテリアを中心とした全体デザインは、建築家・インテリアデザイナーの浦一也氏が手がける。列車内での食事については、フードコラムニストの門上武司氏が担当する。

客室は2クラス(計16室)あり、定員は30名程度に。最上級の客室は1両1室の広いスペースとし、プライベートバルコニーや本格的なバスルームも設置。他の客室車は1両あたり客室3室となる。列車コンセプトは、「美しい日本をホテルが走る ~上質さの中に懐かしさを~」で、インテリアも洗練された上質さと心休まる懐かしさを感じる「ノスタルジック・モダン」テイストのデザインに。

最上級となる客室(1両1室)の全体イメージ

客室車(1両1室)のバスルーム

客室車(1両1室)のリビング

客室車(1両3室)の客室イメージ

同列車の運行エリアについては、美しい日本を再発見する旅の提供に向け、「世界遺産などの歴史・文化が豊かな地域を巡り、車窓から美しい風景をお楽しみいただける」(JR西日本)ことから、当面は京阪神と山陰・山陽エリアでの運行が予定されている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ハワイアン航空、羽田緊急着陸の経緯発表--機体はブレーキ交換を経て復帰
[19:16 7/26] 趣味
『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』、先行上映会のLV会場追加
[19:15 7/26] ホビー
昼休みにセキュリティ講座、カスペルスキーが働く女性向けに
[19:02 7/26] 企業IT
野菜ソムリエ100人が考えたトルティアチップスのレシピを公開 - 湖池屋
[19:02 7/26] ヘルスケア
メタビル「ガンダムアストレイ ブルーフレーム」特設サイト公開、深い青で高い質感
[19:00 7/26] ホビー

本音ランキング