なぜ猫は土下座をしたまま眠るのか

 

家で猫を飼っていると、眠っている姿を見ることはかなり多いはず。猫によってはちょっと変わった姿で眠ることも少なくないため、飼い主も思わず笑ってしまうこともありますよね。今回は、猫が土下座の姿勢で眠る理由に迫ってみましょう。

具体例

実際の映像


※うまく動画が再生できない場合はこちらから。(You Tubeサイトに飛びます)

■手で目を覆うのはアイマスクのかわり

猫が土下座をしたまま眠る姿は、まるで謝っているように見えることから「ごめん寝」や「すまん寝」と言われています。なぜこのような姿で眠るのか詳しいことはわかっていませんが、蛍光灯などの人工の明かりが気になるときに、アイマスクがわりに目を軽くふさいでいるのかもしれません。

■座ったまま眠ってしまうと土下座になる

人間は座ったままうたた寝すると、そのうち首がカクンと手前に下がってきてしまうことがあるはず。これと同じように猫も座ったまま眠ってしまい、首が下についてしまうほど下がってしまうと考えられます。猫がリラックスしているときの座り方といえば「香箱座り」や「スフィンクス座り」。「ごめん寝」や「すまん寝」は、これら座り方の延長で眠ってしまった可能性が高いといえるでしょう。

■ごめん寝をするかしないかは個体差がある

人間のうたた寝の場合、首が下がるほどとなればかなり深い眠りに近づいているでしょうから、「ごめん寝」や「すまん寝」も同様のことが言えるはず。警戒心が強くそのまま眠ることはあまり良いことではないと思っている猫は、座ったまま目を閉じる程度であまり「ごめん寝」や「すまん寝」といった眠り方をしません。

逆に警戒心が弱かったり、疲れるとすぐに眠ってしまうような子猫であったりすれば、見られる機会は多くなるでしょう。

■かわいいいけれど明かりには気を使ってあげよう

「ごめん寝」や「すまん寝」のかわいさのあまり、ついついそれらを写真におさめたくなってしまいますが、これらの眠り方をする場合、猫が「まぶしい」と感じている可能性もあります。猫の様子をチェックしながら、猫が眠そうなときはできるだけ部屋の明かりを消してあげると良いでしょう。

関連キーワード

人気記事

一覧

2016年8月27日の運勢

イチオシ記事

新着記事

プリンスの自宅ツアー、10月から開始予定
[11:12 8/27] エンタメ
森保一、意外な育成術が明らかに『プロフェッショナル』が密着
[11:00 8/27] エンタメ
[深水元基]「真田丸」“猛将”福島正則役 素顔は「酒に弱く」小日向文世に本気ビビり
[11:00 8/27] エンタメ
CEDEC 2016 - トップCGアーティストが華麗な実践テクニックを披露
[11:00 8/27] パソコン
イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第50回 必要な機能だけ追加できる高機能レコーダー「ディクタフォン」
[11:00 8/27] 企業IT