ザイン、1600万画素対応カメラ向け画像処理用LSIの量産出荷を開始

ザインエレクトロニクスは5月16日、1600万画素対応カメラ向けの画像処理用LSI(ISP:Image Signal Processor)「THP7312」の量産出荷を開始したことを発表した。

同製品は、スマートフォン、車載カメラ、ドライブレコーダ、セキュリティなどの分野においてデジタルカメラの高解像度化および画像補正処理ニーズの進化に対応したもので、画像処理用プロセッサのハードウェア上に手振れ補正や動画・静止画同時撮影機能等の高度な機能を実装したほか、従来では併用が必須とされたDRAMなどの記憶素子や画像処理ソフトウェアを不要にしたとする。

また、ワイドダイナミックレンジ機能も搭載しており、暗部補正機能の活用により、明部と暗部の混在する静止画や動画を撮影する際にも、白とびや黒つぶれのない自然な画像を得ることができるとするほか、可視光に加えて赤外光(IR)センサにも対応した画像処理機能を搭載しているため、スマートフォンでビューティーケア・ヘルスケア用アプリなどや夜間走行の撮像、光強度が不足する環境でのジェスチャー認識やパターン認識が必要なセキュリティカメラなどの用途での利用も可能だという。

なお同社では、同製品をスマートフォン、車載カメラ、ドライブレコーダ、セキュリティをはじめ、小型化、高解像度化が期待されるネットワークカメラ、スポーツカメラなど広範な市場に向けて拡販する計画だとしている。

「THP7312」の外観



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事