2013年米国で最も訴えられた企業はApple、増加の一途をたどる特許訴訟

 

AppleやSamsungなど、大手ITベンダーによる特許訴訟の話題に事欠かないが、米国だけで2013年、6,092件の特許訴訟が提訴されたという。件数は増加傾向にあり、2012年と比べて12.5%増、2008年と比較すると2倍以上に増えているそうだ。2013年に提訴された件数が最も多かった企業は米Apple、次いで米Amazon.com、米AT&Tとなった。

法務サービスの米Lex Machinaが5月13日に発表したところ、2013年、米国で一審の場所となる地区裁判所に提出された訴訟件数は6,092件だった。最も提訴された数が多かったのはAppleで59件、Amazonは2番目に多く50件、AT&Tは45件だった。このほか、上位には米Google、米Dell、台湾HTC、韓国Samsung、米Microsoft、韓国LG、米Hewlett-Packard(HP)などが名を連ねているという。

原告となっているのは、製品やサービスなどの主事業を持たずに特許から収益を得ることを事業とする「パテントトロール」と言われる企業だ。

最も多かったMelvino Technologies、ArrivalStarの2社は共に137件、3位のWyncommは131件を提訴した。企業では、スウェーデンEricsson、Motorola Mobility(Google)、Appleなどが多かったという。

米国での特許訴訟件数、2005年から2013年までの推移 資料:Lex Machina



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[おそ松さん]舞台版のイヤミのビジュアル公開 “個性派”村田充がなりきり
[18:00 8/27] ホビー
岡村隆史、あばれる君の腫れ上がった顔に衝撃「体張っていて感動」
[18:00 8/27] エンタメ
[エイジアプロモーション]益若つばさ、安西ひろこ、島袋聖南の所属事務所がオーディション開催
[17:52 8/27] エンタメ
高橋愛、浴衣姿で地元・坂井市のアンテナショップ1日店長に就任
[17:30 8/27] エンタメ
[笑福亭鶴瓶]鶴瓶落語が歌舞伎に 作者に聞く「山名屋浦里」
[17:26 8/27] エンタメ

求人情報