京急電鉄、2014年度鉄道事業設備投資計画を公表 - 新1000形を26両新造など

 

京浜急行電鉄はこのほど、2014年度の鉄道事業設備投資計画の概要を公表した。防災・地震対策、車両の新造や更新、駅の改良工事などに総額約206億円を投じる内容で、うち安全対策設備投資は約182億円となっている。

高架橋耐震補強(泉岳寺~北品川)

トンネル補修(弘明寺~上大岡)

新造車両(新1000形)

大師線地下化第1期工事

安全対策のうち、防災・地震対策には約41億円を配分し、高架橋耐震補強工事、法面防護、トンネル補修、橋梁補修などを行う。新造車両と車両更新には約50億円を投資。新1000形26両の新造、既存車両2100形24両の更新・改造を行う。変電設備の更新、列車無線の改良による保安度向上など、電気施設の更新・改良には約32億円を見込んでいる。

駅改良工事には約24億円を計上。京急川崎駅、仲木戸駅、日ノ出町駅、金沢八景駅、堀ノ内駅、川崎大師駅の6駅では駅舎改修もしくは改築工事を行う。日ノ出町駅と黄金町駅では安全性向上のために、ホームの隙間・段差解消工事を実施。品川駅ではエスカレーターの新設、京急久里浜駅ではエスカレーターの更新を行うとしている。

連続立体交差化工事には約15億円をあてる。京急蒲田駅付近連続立体交差化工事では、引き続き駅舎の工事や切替点の工事を進め、安全性と利便性の向上を図る。大師線地下化第1期工事では、暫定整備区画として東門前~小島新田間の地下化工事を引き続き進める。工場や検車庫の改良・改修には約20億円、その他の設備投資には約24億円を投じる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事