米Googleがレストラン向けWebサイト構築サービスの「Appetas」を買収

 

レストランのWebサイト構築を支援するベンチャー企業の米Appetasは5月7日、Googleによる買収に合意したことを発表した。買収金額など詳細条件は非公開。Appetasはこれを受けてサービスを停止し、Google内で新しい取り組みに着手するとしている。

AppetasのCEOのKeller Smith氏(左)、CTOのCurtis Fonger氏(右)

専門知識なしにクールなWebサイトとモバイルサイトを簡単に作成できる

Appetasは元Microsoft勤務のKeller Smith氏とCurtis Fonger氏が2013年に立ち上げたベンチャー企業。Smith氏はCEO、Fonger氏はCTOを務める。Appetasはレストランやカフェなどの飲食店向けにWebサイト構築を支援するサービスを提供する。Webサイトの構築は飲食店の本業ではなく、サイトを持っていなかったり、メニューなど古い情報が残ったままになっているという問題を解決することを目指しており、同社のサービスを利用して、さまざまなデバイス上で素晴らしい外観を持つWebサイトをシンプルに構築できるという。これにより、より多くの顧客を引きつけることができるとしている。技術やデザインの専門知識なしにサイトを構築できるエディタを持ち、サイトの構築、編集、プレビューをiPadなどのタブレットでも行うことができる。

料金はサービス内容に応じて月額29ドル、同49ドル、同79ドルの3種類あり、月額79ドルの「Full Service」の場合、Webサイトとモバイルサイト、カスタムドメイン、35種類以上のテーマ、無制限メニュー、電話と電子メールによる専用のサポートなどを含む。FacebookやTwitterなどのソーシャル機能、YelpやOpenTable、Foursquare、GrubHubなどのサードパーティサービスとの統合も可能となっている。パートナープログラムも展開しており、レストランレビューサイトのRestaurant.comやGranbury Restaurant Solutoinsなどが同社のソリューションを提供している。

Googleはローカルサービスを強化しており、Appetasの技術はGoogleのロケーションベースのサービスなどに統合される可能性がある。Googleはソーシャルサービスの一部として「Google+ Local」を展開しているが、この分野では、Foursquareや地域情報のディレクトリおよびソーシャルサービスYelpなどの専用サービスが人気を集めている。

人気記事

一覧

新着記事

宇宙人のメッセージ? - 太陽系から94光年離れた恒星系より"強い信号"を受信
[09:24 8/31] テクノロジー
【特別企画】若手にこそ新製品開発のチャンスを- 老舗切削工具メーカータンガロイ社員に直撃
[09:00 8/31] テクノロジー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第9回 タイトルや見出しで移動する
[09:00 8/31] 企業IT
ゼロからわかるEMC 第5回 EMCの試験 - EMS
[09:00 8/31] テクノロジー
受動喫煙による肺がんリスクは約1.3倍 - 国がんが日本人を対象に解析
[08:30 8/31] テクノロジー