IE8 50ヶ月連続1位 - 4月ブラウザシェア

Net Applications - Usage Share Statistics for Internet Technologies.

Net Applicationsから2014年4月のデスクトップブラウザシェアが発表された。4月はIEとFirefoxがシェアを減らし、Google Chromeはシェアを増やした。IEとFirefoxは減少の傾向が続いており、ユーザがIEおよびFirefoxからGoogle Chromeへの移行が進んでいるものとみられる。

バージョン別に見るとIE8が50ヶ月連続で1位を維持。ただし、IE8のシェアは長期に渡って微減を続けており、近いうちにIE11とシェアが逆転するものと見られる。IE9もシェアを増やしているが、IE9よりも新しいバージョンとなるIE10は逆にシェアを減らしている。IE10のユーザはIE11へアップグレードしているものとみられる。

2014年4月ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications報告

2014年4月バージョン別ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications報告

2014年4月ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications報告

2014年4月バージョン別ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications報告

順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Microsoft Internet Explorer 57.88% 57.96%
2 Chrome 17.92% 17.52%
3 Firefox 17.00% 17.26%
4 Safari 5.66% 5.68%
5 Opera 1.14% 1.20%
6 プロプライエタリまたは種類検出不可 0.27% 0.28%
7 Konqueror 0.01% 0.01% =
順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Microsoft Internet Explorer 8.0 20.85% 21.14%
2 Microsoft Internet Explorer 11.0 16.61% 15.71%
3 Firefox 28 12.28% 0%
4 Microsoft Internet Explorer 9.0 8.89% 8.76%
5 Chrome 34.0 8.64% 0%
6 Microsoft Internet Explorer 10.0 6.85% 7.12%
7 Chrome 33.0 5.27% 12.67%
関連キーワード


イチオシ記事

新着記事