カブク、3D地図サービス「rinkak(りんかく) でこぼこ地図」を開発

 

カブクは4月22日、「rinkak(りんかく) でこぼこ地図」を開発し、4月19日に正式公開したことを発表した。

rinkak(りんかく) でこぼこ地図

rinkak でこぼこ地図は3Dプリントできる3D地図サービス。ブラウザで表示した地図をワンクリックで3Dプリント可能な3D地図に変換できる。地図画像はオープンストリートマップ(3種類)と地理院地図の合計4種類を利用できるという。地図画像は自由に置き換えることができ、自分だけの3D地図を作ることも可能だ。3D地図はrinkakで製造し、3D地図の大きさは5cm、7cm、10cm四方の3種類から選ぶことができる。

なお、費用はオープニングキャンペーンにつき最大50%OFFでそれぞれ 2000円、4000円、6000円。無料で 3D データのダウンロードも可能となっている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

柴田英嗣、元妻&ファンキー加藤娘の健診に立会い宣言 "加藤違い"で狩野焦る
[00:12 7/30] エンタメ
ウレタン製の柔らかVRゴーグル「Merge VR」、ツクモ限定で30日から販売開始!
[00:00 7/30] パソコン
[シン・ゴジラ]日本政府対ゴジラの攻防 日本映画のスケールを超えた壮大で緻密な作品
[23:59 7/29] エンタメ
「機械仕掛けの愛」4巻発売、娘の結婚式に参列するAIのエピソード公開
[23:34 7/29] ホビー
声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」発売記念特番でMVを公開
[23:30 7/29] ホビー