女性が"復縁"したいと思うとき -「夢に出てきた」「今の彼は楽しくない」

Q.元恋人と復縁したいと思ったことはありますか?

部屋の掃除をしていたら、大好きだった元カレとの写真が大量に出てきた。この頃は幸せだったなぁ。私はまだ好きだけど、もう元には戻れないのかな……。今回は、マイナビニュース会員の独身女性200名に「元恋人と復縁したいと思ったこと」を聞いてみた。

Q.元恋人と復縁したいと思ったことはありますか?

はい 27.5%
いいえ 72.5%

Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)復縁したいと思ったのはどうしてですか?

■別れてから気づいた
・「その人の良さに気づいたから」(25歳/運輸・倉庫/営業職)
・「私の性格の欠点もほどほどに我慢して、一番好きでいてくれたと思うから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「一番すてきな人だったと後になって気づいたとき」(34歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「自分をあれほど好きと言ってくれる人は他にいないと思ってしまった」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「自分のことをちゃんとわかってくれている人だから」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

■やっぱりまだ好き……
・「まだ好きだから」(27歳/情報・IT/技術職)
・「未練があったから」(25歳/通信/販売職・サービス系)
・「好きなまま別れたから」(25歳/その他/その他)
・「大恋愛をしたから大好きだったから」(34歳/不動産/営業職)
・「やっぱり好きだったから……声が好きだったというのと、抱き寄せられるとき(日常のハグや眠るときの腕枕など)のフィット感がとても合っていたから」(40歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

■楽しかった時を思い出して
・「過去の楽しい時期を思い出したから」(62歳/小売店/営業職)
・「楽しいときを思い出したとき」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「良い思い出だけが残っているので、楽しかったなと思います」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「大好きな人だったし、当時の思い出が美化されているので、当時別れた原因は重要でないように思えた」(40歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「私より家事が上手だったので、仕事が忙しくなってくると、元彼が掃除や料理をしてくれてたことを思い出して復縁したくなります(笑)」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

■寂しさを感じたとき
・「寂しくてしかたなかったため」(33歳/その他/その他)
・「人肌恋しいとき」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「つい寂しくなったとき」(28歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「ずっとフリーなので寂しい」(26歳/金融・証券/営業職)

■他の人と比べてしまう
・「今の彼氏といて楽しくないと感じ、比べてしまったとき」(33歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)
・「男性と出かけていてさほど楽しくなかったとき」(25歳/小売店/販売職・サービス系)
・「その人と別れて何年もたちますが、その間につき合った人がいても、やはりあの人がよかったなと思います……価値観や距離感がとても合う人でした」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

■その他
・「夢に出てきた」(25歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「また新しい相手を探すのが面倒なので」(27歳/小売店/営業職)
・「ご両親がいい人だった」(25歳/電機/事務系専門職)
・「元彼以上に好きになれる男性が現れることはないんじゃないかと思ってしまうから」(29歳/通信/販売職・サービス系)
・「もともと私が彼のファンで、そこからお付き合いに発展し、気が合わなくて別れることにしたのですが、活躍している彼の姿をメディアなどでみていると、しばらくの間は『もう一度関わりたい』と何度も思っていました」(22歳/その他/その他)

■総評
復縁したいと思ったことが「ある」女性は27.5%だった。それほど多いとはいえないが、ふとしたきっかけで元に戻りたくなることはあるようだ。

その1つは、「寂しさ」を感じたとき。眠れない夜など一人きりで寂しいとき、つい元カレを思い出してしまう…という人は少なくないよう。寂しさに耐えきれなくなると、「彼の声が聞きたい」「そばにいてほしい」という思いが強まるのかもしれない。

また、失ったものの大きさに後から気づき、後悔することもあるようだ。「自分をあれほど好きと言ってくれる人は他にいない」「結婚に向いている人だった」と別れた後に気づいたそうだが、大切なものというのは、あまり近すぎると見えなくなるのかもしれない。

一方「復縁したいと思ったことはない」と答えた女性からは、「一度も思ったことはない」「絶対に無理」「関わりたくない」といったコメントが寄せられていた。女性は切り替えが早いとよく言われるが、実際「過去は過去」と割り切る人が多いようだった。

また、「なんとなく未練があって復縁したが、やっぱり別れた」という人もいるようだ。同じ失敗を繰り返さないよう、復縁したいと思ったときは、それが寂しさからくる一時的な感情なのかどうかしっかり見極めたいものである。

調査時期: 2014年4月1日~2014年4月3日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 女性200名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

人気記事

一覧

2016年12月4日の運勢

イチオシ記事

新着記事