パスワード管理ソフト「1Password」Mac版にHeartbleed対策サービス統合

 

AgileBitsのパスワード管理ソフト「1Password」のMac版に、同社が4月16日に開始したHeartbleed対策サービス「Watchtower」が組み込まれた。

Heartbleedは、オープンソースのSSL/TLS実装ライブラリOpenSSLに見つかった脆弱性だ。脆弱性を抱えていたWebサイトから、ユーザーIDやパスワード、セッションIDといった情報が漏洩している可能性がある。Watchtowerを使うと、Heartbleedの影響をWebサイトごとに調べられる。

Watchtowerが統合されたのは、Mac版1Passwordのバージョン4.4。デフォルトではオフになっており、環境設定またはセキュリティ監査セクションでオンにする。ユーザーが登録した全てのログイン情報のチェックが行われ、パスワードをすぐに変更すべきログインがセキュリティ監査セクション内の「Watchtower」にリストされる。実際にパスワード管理に使用しているMac版1Passwordで試してみたところ、80件の登録ログインのうち、パスワードの変更が必要だったログインは34件だった。

なお、リリース時期は不明だが、AgileBitsはWindows版の1PasswordにもWatchtowerを組み込むという。

人気記事

一覧

新着記事

マツダ、タイのパワートレイン工場に221億円投資 - 生産能力を増強
[18:01 8/30] テクノロジー
洋楽人気対決 - ブラックモアズ・レインボー 40歳以上限定
[18:00 8/30] エンタメ
佐々木希、連続殺人鬼として再登場 - 波瑠と横山裕は警戒してホテル生活へ
[18:00 8/30] エンタメ
理研と産総研、包括的連携に関する基本協定を締結 - 2050年の課題解決に挑む
[17:57 8/30] テクノロジー
デノンの新作イヤホン3機種を聴いてきた - 新たな最上位ヘッドホンやBluetoothイヤホンの参考展示も
[17:47 8/30] スマホとデジタル家電