カンニング竹山が感動した、ダウンタウン・浜田雅功の"1万円"エピソード

お笑い芸人のカンニング竹山が、24日に放送された日本テレビ系のバラエティ番組『ダウンタウンDX』(毎週木曜22:00~23:00)で、ダウンタウン・浜田雅功のエピソードを披露した。

浜田雅功(左)に1万円をプレゼントしたカンニング竹山

竹山は、放送作家の鈴木おさむ氏が構成と演出を手がける単独ライブを、2008年から行っている。昨年は10月24日から27日まで、東京・銀座博品館劇場で「カンニング竹山単独ライブ『放送禁止2013』」として開催。竹山はその前年のライブ終了後からの1年間、「幸せになってほしい人に1日1万円を自腹で渡す」という企画を行い、最終日には女優・酒井法子にプレゼントしていた。

24日の放送でその内容に触れた竹山は、中でも反応が印象深かった人物として浜田を挙げ、その時のエピソードはライブでも発表し、観客が喝采するほど会場が盛り上がったという。ある日、浜田の番組で収録前に楽屋を訪れた竹山は、企画内容を説明した上で、浜田に1万円をプレゼントしようとした。しかし、浜田は「後輩からの金はもらわへん」と拒絶。それでも、諦めきれない竹山は何度も頼み続けると、浜田は「もらわへん言うとるやろ!」と語気を強めた。

竹山は、「まずい…怒らせてしまった」と予感。その場の空気が張り詰める中、浜田が「これは、俺の幸せのために使えばええんか。じゃあ、1万円くれや」と求めてきたため、竹山は戸惑いながらもプレゼント。すると、浜田は「俺の幸せは、後輩のお前らに小遣いやることが幸せや。1年間、お金を配って大変やろ。お前にこの1万円やるから、今日はこれで酒でも飲みに行け」と受け取った1万円を"小遣い"として竹山に渡した。

予想外の反応に竹山は感激。番組で一連の出来事を振り返ると、「その日の夜は、浴びるほどホッピー飲みました!」と当時の興奮を伝えた。スタジオが盛り上がる中、浮かない表情の松本人志は「ちょっとイヤやわ。この話、カット」と眉間にしわを寄せていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事