KDDI、下り150MbpsのLTE通信サービスを2015年3月末に全国約2万局へ

KDDI、沖縄セルラーは21日、今夏をメドにLTEの次世代高速通信規格「LTE-Advanced」の技術の1つキャリアアグリケーションを導入すると発表した。複数の周波数帯を使ったLTEデータ通信が可能になる技術で、周波数ごとの受信データを足し合わせて、下り150Mbpsの通信速度を提供する。

キャリアアグリゲーション概念図

キャリアアグリゲーションは複数の周波数帯を同時に利用したデータ通信技術。下り最大75Mbpsの2.1GHz帯と800MHz帯の2つの周波数を同時に使い、受信データを合算することで、下り150Mbpsでのデータ通信の提供を可能にする。周波数の帯域を効率利用することで、従来よりも安定した通信環境も提供できるという。

下り最大150Mbps対応の基地局は、キャリアアグリゲーション導入時点で全国約2500局(2.1GHz帯含む)、2015年3月末に全国約20000局に拡大する予定。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事