ロッテ、クールミント&グリーンガムのパッケージデザインを21年ぶりに刷新

ロッテは、「クールミントガム」および「グリーンガム」のリニューアルを行い、パッケージデザインを刷新した。4月22日より全国発売される。

クールミントガムの新パッケージ

グリーンガムの新パッケージ

今回のリニューアル発売は、ロングセラー製品である「グリーンガム」および「クールミントガム」を再活性化する目的で実施されたもので、製品仕様およびパッケージデザインが変更されている。新たなパッケージを手がけたのは、デザインオフィス「螢光TOKYO+DESIGNBOY」。1993年にデザイナー・佐藤卓が両製品のパッケージデザインを一新して以来、21年ぶりに大幅な変更が加えられた。

「クールミントガム」のパッケージでは、1960年ごろから継承されてきた、製品名の「O」をメビウスの輪のように重ねる表現を排し、シンプルなフォントに統一した。「COOL」と「MINT」を異なる面に印字し、その周りにペンギンと月を配置することで、地上と海中を表現。以前のデザインでは立ったペンギンが5体並んでいたが、今回のパッケージには泳いでいるようなペンギンの姿もみられる。まれに出現する、デザイン違いのレア絵柄も用意されているとのこと。

一方、「グリーンガム」は、ペパーミントのおいしさにこだわった製品仕様にあわせて、パッケージにもミントリーフをあしらった。これまで同製品のパッケージに配置されていた木のアイコンはなくなっており、"ミント味のガム"であることを強調したデザインとなっている。以前のパッケージでは、製品名の「G」の文字のみ赤色が使われていたが、今回のパッケージではすべての文字に白色を使用した。「クールミントガム」と同様、パッケージの2段にわけて製品名を印字している。ちなみに、このリニューアルで、どちらの製品も砂糖を含まないシュガーレスタイプのガムとなったということだ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事