「有給」「有休」どっちが正しい?

 

「有休があるんでお休みします!」なんて、口にする分には意気揚々と言えても、実際文字にして誰かに伝えなければならないとき、「有休?」それとも「有給?」なんて、戸惑ってしまうことはないでしょうか。有給と有休、どっちが正しい?知っているようで知らない社内用語について調べてみました。

■有給と有休の意味に違いはある?

有給も有休も、どちらも「有給休暇」を略した言葉で、意味に違いはありません。最初の二文字をとって「有給」とするか、最初と間をとって「有休」とするかの違いであり、どちらも新聞で使われることがある略語であり、どちらも辞書に「有給休暇」を指す言葉として載っています(辞書によっては、どちらかしか載せていない場合もあります)。

ただし、この有給休暇の正式な名称は年次有給休暇。だから本当は「年休」という略語が一番適切ではないかと考える人もいます。ちなみに労働問題を扱う場合は「年休」という略語がよく使用されています。ただし年休よりも有給や有休の方が一般的に浸透しているため、一般的に社内で使われる場合には「有休」か「有給」のどちらかを用いられることが多いようです。

■有休、有給、年休は使わない方がいい?

有休、有給、年休はどれも同じ意味ですが、人によっては同じものを指す言葉だと伝わらない可能性もあるため、「有給休暇」「年次有給休暇」と略さずに使われることが、最近では増えています。その理由は「有給」はお給料の出る休み、「有休」はお給料の出ない休みだととらえている人がいるからとか。無用なトラブルを防ぐ意味でも、有給休暇は略さずに「有給休暇」や「年次有給休暇」と使った方がいいのかもしれません。

ちなみに有休、有給と似た言葉に代休や育休、産休があります。この中でひとつ、略語ではない言葉がありますが、どれだと思いますか?

答えは「代休」です。育休は育児休業、産休は産前産後休業の略ですが、代休は休日に働いた代わりに、改めて労働日に休日を作ることを指す言葉で、何かの略語ではありません。

使っているときは無意識で使うことが多い、有給と有休。少し疑問に思うと、「どっちが正しいんだろう?」とパニックを起こしがちですが、意味は同じなのでどちらでも大丈夫なようです。困ったときの参考にしてみてください。

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

「この会社で勉強したい」はOK? NG?
「この会社で勉強したい」はOK? NG?

採用担当者が明かす! 面接でNGな志望理由

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Apple Musicを楽しむなら、「Apple Musicギフトカード」の利用が断然おトク
[09:00 9/28] パソコン
C言語1000行以下のエディタ「Kilo」を理解する 第7回 シンタックスハイライトを知る
[09:00 9/28] 企業IT
なぜアイリスオーヤマは"こんな家電が欲しかった!"を形にできるか
[09:00 9/28] 経営・ビジネス
スマホ通信費を浪費しがちなNG行動5選
[09:00 9/28] マネー
【連載特別企画】ゼロから始める多要素認証 第2回 スマートに使えるセキュアなビジネス環境を構築するには - ユーザー編
[09:00 9/28] 企業IT

求人情報