Dropbox、Mac用「Mailbox」の開発を発表 - 限定ベータ開始へ

Yoichi Yamashita  [2014/04/10]

米Dropboxは9日(現地時間)、米サンフランシスコで開催したプレス向けイベントで、Mac用「Mailbox」の開発を明らかにした。同時にプライベートベータ・プログラムを発表、MailboxのWebサイトで参加申し込みの受け付けを開始した。

Mailboxは、受信箱にメールをため込まないためのユニークな機能を備えたアプリとサービスを提供している。昨年2月にiOSアプリ版が登場すると、瞬く間にiPhone用のメールアプリとして人気を確立。昨年3月にDropbox傘下となり、不安点だったサービス運営も安定した。

モバイル版のMailboxアプリはジェスチャー操作を活かした使い勝手の良さを特徴としている。受信箱内のメールに触れてスワイプするだけで、メールのアーカイブ/削除、スヌーズ(非表示の指定:週末に表示、夜に表示など)、リスト分けなどを素早く行える。Mac版についてもMailboxは「軽くて高速で、使って楽しいデスクトップメールクライアントを目指している」としている。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

CentOS 6.8登場
[09:00 5/27] 企業IT
IT業界で働く日本女性は有利か!?女性エンジニアの実情に迫る - 日本MS
[09:00 5/27] 企業IT
Holst/imecがセンサネットや将来のIoT向けに低消費電力無線チップを開発
[08:30 5/27] テクノロジー
【コラム】Windows 10ミニTips 第85回 UWP版「電卓」をショートカットキーで便利に使う
[08:20 5/27] パソコン
【コラム】サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第53回 おすすめ投資信託は「ノーロード」&「インデックス型」&「バランス型」(1)
[08:00 5/27] マネー

特別企画 PR