及川光博、『半沢直樹』以来の連ドラで"相棒"に復讐「間違いなく嫌われる」

 

歌手で俳優の及川光博が、佐藤健主演のフジテレビ系ドラマ『ビター・ブラッド ~最悪で最強の親子刑事~』(4月15日スタート毎週火曜21:00~21:54 初回15分拡大~22:09)で凶悪犯を演じることが4日、明らかになった。

『ビター・ブラッド ~最悪で最強の親子刑事~』に出演する及川光博

本作は、作家・雫井脩介の同名小説を原作に、佐藤健演じる佐原夏輝と渡部篤郎演じる父・島尾明村の親子バディ(相棒)の奮闘を描いた刑事ドラマ。及川といえば、テレビ朝日系『相棒』シリーズでもお馴染みだが、本作では"相棒"でもある親子刑事の命を狙う黒幕・貝塚剛久役で登場する。

及川は、TBS系『半沢直樹』(2013年7月期)以来の連ドラ出演。演じる貝塚は、明村の元バディで前田瞳(忽那汐里)の父でもある前田修一を殺した犯人で、現在も逃亡中の男。かつて罪を犯した際に明村に足を撃たれたため、現在でも足が不自由で、その明村に対して復讐心を抱き続けている。

渡部とはTBS系『恋がしたい恋がしたい恋がしたい』(2001年)以来13年ぶりの共演で、佐藤とは今回が初共演。自身の演じる役柄は、「これがいちいち不気味で(笑)。でもだからこそ役作りが楽しい」とやりがいもある様子で、「おそらく、いや、間違いなく視聴者の皆さんに嫌われると思います(苦笑)」と予測する。

そして、「あっちゃん(渡部)とは13年ぶりの共演。健くんは監督の細かい指示をしっかり確認して、ストイックに演じられているな、という印象です」と明かし、「撮影現場はわきあいあいで楽しそう。僕だけちょっと浮いているかな…(笑)、そういう役ですので、ぜひお楽しみに!」と視聴者に向けてメッセージを送った。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

実中研と慶大、ゲノム編集で先天性免疫不全の霊長類を作製することに成功
[15:14 7/1] テクノロジー
7月放送開始の『ウルトラマンオーブ』、早くもBlu-ray BOXの発売が決定
[15:04 7/1] ホビー
【連載】夫婦のLINE 第92回 お言葉ですが閣下
[15:00 7/1] ライフスタイル
ソニー銀行で円定期特別金利引き上げなど夏の特別企画
[14:57 7/1] マネー
中堅・中小企業にもO2Oが容易に構築できるようになった「AppGoose」
[14:53 7/1] 企業IT

本音ランキング