Chromeがシェア2位に - 3月ブラウザシェア

Net Applicationsから2014年3月のデスクトップブラウザシェアが発表された。2014年3月はChromeがFirefoxのシェアを抜いて2位につけた。IEとFirefoxはシェアを減少の傾向が続いており、ユーザがChromeに流れているものとみられる。

バージョン別に見るとIE8が49ヶ月連続で1位を維持。ただしシェアは微減を続けている。IEではIE11が大きく成長しており、特にIE10からIE11への移行が進んでいることがわかる。仮にすべてのIE10ユーザがIE11へ移行した場合、そのシェアは22.83%ということになりIE8を抜いてバージョン別で1位を確保することになる。

2014年3月ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications報告

2014年3月ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications報告

2014年3月短周期一括型バージョン別ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications報告

2014年3月短周期一括型バージョン別ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications報告

順位 ブラウザ シェア 推移 備考
1 IE 57.96%
2 Chrome 17.52% 3位から2位へ
3 Firefox 17.26% 2位から3位へ
4 Safari 5.68%
5 Opera 1.20%
順位 短周期一括型バージョン別ブラウザ シェア 推移 備考
1 IE8 21.14% 49ヶ月連続1位
2 Chrome+ 17.52% 3位から2位へ
3 Firefox4+ 17.27% 2位から3位へ
4 IE11 15.71% 急成長
5 IE9 8.76%
6 IE10 7.12% IE11への移行中とみられる
7 Safari+ 5.68%
8 IE6 4.15%
9 Opera+ 1.20% 10位から9位へ
10 IE7 0.80% 9位から10位へ
関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事