米Microsoft、スマホと9インチ未満タブレットのOSライセンスの無償化を発表

  [2014/04/03]

米Microsoftは2日、米サンフランシスコで開催中の開発者向けイベント「Build 2014」で、スマートフォンと9インチ未満のタブレットのWindows OSのライセンス費用をOEMおよびODMに対して無償化すると発表した。

ライセンス費用の具体的な額については不明だが、無償化により、製品への価格転嫁がなくなり、製品の価格競争力を高める余地が拡大すると予測される。引いてはシェア拡大を狙ったものといえそうだ。

Microsoftはスマートフォン、タブレット市場において苦戦しているのが現状。米Gartnerが発表した2013年のOS別タブレットシェアを見ると、Androidが61.9%、iOSが36%と2つのOSだけで97.9%を占めている。Microsoftにいたってはわずか2.1%しかない。また、Strategy Analyticsが発表した2013年のOS別スマートフォンシェアでも、苦戦を強いられている結果が示されている。2013年のシェアはAndroidが78.9%、iOSが15.5%、Microsoftが3.6%となっている。

人気記事

一覧

新着記事

JR東日本485系「ニューなのはな」8月で引退 - 7月から引退記念臨時列車運行
[23:11 5/31] ホビー
ナインティナイン、今後の野望告白「テレビに出続けること」
[23:07 5/31] エンタメ
マネーツリー、MT LINKと自動車整備工場向けソフト「GATCH」との連携を発表
[23:04 5/31] 携帯
あさりよしとお描く実録ロケット開発「進め!なつのロケット団」1巻、特典も
[22:23 5/31] ホビー
シマンテック、「ノートン ファミリー」にiOS版を追加 - 6月上旬より提供
[22:16 5/31] 携帯