米Microsoft、スマホと9インチ未満タブレットのOSライセンスの無償化を発表

  [2014/04/03]

米Microsoftは2日、米サンフランシスコで開催中の開発者向けイベント「Build 2014」で、スマートフォンと9インチ未満のタブレットのWindows OSのライセンス費用をOEMおよびODMに対して無償化すると発表した。

ライセンス費用の具体的な額については不明だが、無償化により、製品への価格転嫁がなくなり、製品の価格競争力を高める余地が拡大すると予測される。引いてはシェア拡大を狙ったものといえそうだ。

Microsoftはスマートフォン、タブレット市場において苦戦しているのが現状。米Gartnerが発表した2013年のOS別タブレットシェアを見ると、Androidが61.9%、iOSが36%と2つのOSだけで97.9%を占めている。Microsoftにいたってはわずか2.1%しかない。また、Strategy Analyticsが発表した2013年のOS別スマートフォンシェアでも、苦戦を強いられている結果が示されている。2013年のシェアはAndroidが78.9%、iOSが15.5%、Microsoftが3.6%となっている。

人気記事

一覧

新着記事

世界各国の事情から考える日本のタバコの喫煙マナーのレベル
[10:00 6/25] ヘルスケア
パソコン工房でRadeon RX 480搭載カードを29日22時販売開始
[10:00 6/25] パソコン
加藤綾子と長友佑都が初共演した『アサヒ オフ』の新CM放映開始
[10:00 6/25] ヘルスケア
[おそ松さん]オールフリーのキャンペーン告知動画第4弾は一松 孤独に一杯
[09:00 6/25] ホビー
[夏のドラマ見どころ]人気女優続々“オンナのお仕事”もの 波瑠は変人刑事、北川景子はスーパーウーマン、松嶋菜々子は営業部長
[09:00 6/25] エンタメ