米Apple、特許侵害のSamsung製品の販売差し止めを求め再審理スタート

 

米Appleが韓国Samsung Electronicsに対して起こしている訴訟の控訴審が4月1日(米国時間)にスタートしている。今回はGalaxy S IIIなど、Samsungの過去モデルの製品について、Appleの特許を侵害しているとして米国での販売差し止めを求め起こしたもの。AppleはSamsungの特許侵害で損害賠償請求で成功しているものの、販売差し止め請求についてはいずれにおいても却下され苦戦が続いている。

同件はReutersなどが報じている。2011年春にスタートした両社の訴訟は舞台を世界中に拡大して3年の月日が経過しているが、前述のように2012年の判決で9億3000万ドルの損害賠償請求については確定しているものの、当該の特許を侵害したとされる製品の販売差し止めについては請求棄却が続いている。

Reutersによれば、Samsungの2013年第4四半期における利益は77億ドルで、このうち同社モバイル部門の収益は51億ドルと、およそ全体の3分の2を占めている。最新モデルが対象ではないとはいえ、販売差し止め請求が通ることは同社の生命線を断たれることに等しく、賠償請求よりも大きなダメージをもたらす可能性がある。

Apple側代理人として登場したHarold McElhinny氏は8人の陪審員を前に、Samsungは特許を侵害している3700万台のスマートフォンならびにタブレットを販売しており、1台あたりの特許料は33ドルに該当すると述べ、その被害状況を訴えている。なお、今回の審理は5月初旬まで続く見通しとなっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「天智と天武」最終10&11巻が同時リリース、兄弟の愛憎劇描く歴史マンガ
[23:10 8/30] ホビー
ダークホラーで納涼…!「もののべ古書店怪奇譚」などフェアで描き下ろし特典
[23:00 8/30] ホビー
藤子・F・不二雄の世界へトリップするファンブック、渋谷直角や星野源も
[22:53 8/30] ホビー
[森川葵]ドラマ「プリンセスメゾン」でNHK初主演 26歳独身の“家買う女”に
[22:50 8/30] エンタメ
赤塚不二夫と過ごしたフジオ・プロの日々、元アシスタントが綴るコミックエッセイ
[22:49 8/30] ホビー