西麻布で大流行の「会員制ラウンジ」 そのサービス内容紹介

 遊び人たちが夜な夜な繰り出す街として知られる東京・西麻布。最近、その界隈で大流行している飲食店業態がある。「リミテッド(会員制)ラウンジ」だ。

 会員しか入店できないキャバクラのような場所で、会員になるためには職業や年収に制限があったり、他の会員からの紹介が必要だったりする。弁護士や医者、一流企業の社員から、芸能人やスポーツ選手、政治家、IT長者といったセレブが主な客層だ。

 キャバクラだと風営法で深夜1時までしか営業できないため、この手のラウンジはレストランバーという名目で朝方まで営業している。女性は客として店を訪れたというかたちにし、男性客の横について“接客”をする。給料は別会社から支払われる仕組みになっており、あくまで店側は客同士が飲んでいるという体裁をとる。

 そんな業態が最近、流行している理由は、美女ぞろいだからに他ならない。人気店Aで働く舞子(20)がいう。

「私服でOKだしノルマもない。時給も3000円以上なので、ラクで稼げるからとかわいい子が集まってる。それ以上に私たちがいいなと思うのは客層。六本木や歌舞伎町のように怖い人はいないし、お洒落なセレブが多い。

 芸能関係者だって来るので、中には芸能界へのツテを求めるタレントの卵や、パトロンを探すグラビアアイドルもいる。実際、少し前までグラドルのTちゃんも働いていて、某大手企業の会長の愛人になっちゃった。私も素敵な人だったら愛人になってもいいかな」

 他店の店長が続ける。

「ウチにいる子の半分ぐらいは芸能事務所に所属している女優やタレント、モデル。芸能の仕事だけでまだ食べていけないという子が働いていて、中には事務所から“芸能の仕事が入ればいつでも休ませられるという条件で、この子を働かせてほしい”とお願いされることもある」

 このように女性の質は相当に高く、1人2時間飲んで基本料金は4万円ほど。アベノミクスで儲けている連中にとっては安いらしく、どの店も大繁盛。現在、こうした店は都内に10数軒はあるという。

 もっと“愛人探し”としては直接的なのが、『夕ぐれ族』のような愛人バンクだ。今は『交際クラブ』などと名前を変えているが、男性と女性をマッチングさせるという仕組みは変わらない。

 実際に登録しているイベント会社経営者がいう。

「昔は完全に愛人斡旋組織だったが、今はお茶だけで1万~2万円もらえると思っている素人女性まで登録している。そのぶん、かわいい子が増えた。僕が登録しているクラブは2000人の女性が登録していて、ルックスや年齢など細かく条件検索できる。

 男の方の入会金は10万円で、女性を1人紹介してもらうと2万円の紹介料がかかる。女性と出会ってからは個人交渉。食事だけでいくら、エッチまでいけばいくらと内容を詰める。僕の経験ではセックスまでいってだいたい3万円です」

 料金やサービスの中身は様々ある。中には、「芸能事務所と契約しているので、数十万~数百万円でテレビで観るようなタレントを紹介できる」ことをウリにする業者もある。

※週刊ポスト2014年4月4・11日号



本記事は「NEWSポストセブン」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事