ドコモやKDDIなど4社、国民保護に関する情報の配信を開始

NTTドコモ / KDDI / 沖縄セルラー電話 / ソフトバンクモバイルは4月1日から、総務省消防庁から全国瞬時警報システム(Jアラート)で発信される国民保護に関する情報の配信を開始することを発表した。

国民保護に関する情報は、NTTドコモの緊急速報「エリアメール」と、KDDI / 沖縄セルラー電話 / ソフトバンクモバイルの提供する「緊急速報メール」で配信される。国民保護に関する情報には、武力攻撃から国民を守るために提供される避難、救援、災害復旧情報などが当てはまる。

配信の画面イメージ

「エリアメール」と「緊急速報メール」は、特定エリアの携帯電話やスマートフォンなどに対して混雑の影響を受けにくい方式でメッセージを一斉配信するサービス。これらのサービスではこれまで、気象庁の「緊急地震速報」や「津波警報」、各自治体の「災害・避難情報」を配信してきた。4月1日から、Jアラートの国民保護に関する情報も「災害・避難情報」として配信される。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事