米MS、iPad用「Office」アプリ発表、スマートフォン用Officeを無料一般公開

 

米Microsoftは3月27日(現地時間)、iPad用のOfficeアプリ「Office for iPad」を発表した。PCやMacのOfficeと同じようにOfficeドキュメントをiPadで表示・編集でき、OneDriveを通じて共有できる。価格は無料だが、フル機能を利用するにはOffice 365のサブスクリプション契約が必要になる。すでに135市場のApp Storeから入手可能になっているものの、iPhone用Officeアプリ「Office Mobile for Office 365 subscribers」の提供が見送られてきた日本でのリリースは発表時点で明らかにされていない。

Office for iPadは「Word for iPad」「Excel for iPad」「PowerPoint for iPad」の3つで構成される。Wordの画像、表、SmartArt、注釈、Excelの関数、チャート、スパークライン、条件付き書式、PowerPointのトランジション、アニメーション、ノートなど、OfficeドキュメントがPC版やMac版のOfficeと同じように表示されて機能する。PowerPointでは内蔵のレーザーポインタ、そしてペンやハイライターを使えるなど、タブレットならではのプレゼンテーションが可能だ。

Excel for iPad

PowerPoint for iPad

iPadユーザーを悩まさず、同時にOfficeユーザーが快適に操作できるようにOfficeをiPadに最適化したという。Officeの特長であるRibbonレイアウトを使って、効果的に機能を表示。iPadで操作しやすいようにRibbonのタッチエリアを大きく、シンプルなメニューにした。オブジェクトや画像の操作、レイアウトの修正などあらゆる操作をタッチで行え、音声入力やAirPlayなどiOSの機能も使用できる。

OneDrive、OneDrive for Business、SharePointなど、Microsoftのクラウドサービスと連携するように設計されており、クラウドサービスをハブに最新のドキュメントにアクセス可能。OneDriveを通じて共有やコラボレーションを行え、Wordは変更履歴機能に対応している。

Word for iPad

Office for iPadの動作要件はiOS 7.0以上。App Storeから無料でダウンロードできるが、機能は閲覧・表示に限られる。編集やドキュメント作成などフル機能を利用するには、Office 365 Home、Office 365 Small Business Premium、Office 365 Midsize Business、Office 365 E3/E4、Office 365 Education A3/A4、Office 365 ProPlus、Office 365 University、そして春提供開始予定のOffice 365 Personalなど、Office 365サービスのサブスクリプション契約が必要だ。

スマートフォン用「Microsoft Office Mobile」無料一般公開

Microsoftはまた、これまでOffice 365のサブスクリプション契約が必要だったスマートフォン用のOfficeアプリを「Microsoft Office Mobile」(iOS、Android)という名称で一般公開した。App Store、Google Playストアから無料でダウンロード入手し、Microsoftアカウントのみで編集やドキュメント作成を含むフル機能を使用できる。Office 365の購読契約が不要になったことで、Office Mobile for Office 365 subscribersの提供が見送られてきた日本のアプリストアでもスマートフォン用のOffice Mobileを入手できるようになる。

Microsoft Office Mobile

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ヒロミ、高畑淳子の謝罪会見「申し訳ない気持ちは痛いほど伝わる」
[10:13 8/26] エンタメ
NEWS小山慶一郎、ドラマ代役に見せたメンバー愛 - 高畑容疑者逮捕受け
[10:11 8/26] エンタメ
おとよめ~夫婦別リアクション~ 第27回 休日の朝食
[10:00 8/26] ライフスタイル
『刀剣乱舞-ONLINE-』公式主題歌シングル発売決定! ジャケットイラスト公開
[10:00 8/26] ホビー
ツクモ、写真家の桃井一至氏監修の「RAW現像を快適にする」写真編集向けPC
[10:00 8/26] パソコン