シャープ、栄養たっぷりの粉末茶を自宅で楽しめる「ヘルシオ お茶 PRESSO」

 

シャープは3月27日、「HEALSIO(ヘルシオ)」シリーズのお茶メーカー「ヘルシオ お茶 PRESSO TG-GS10A」を発表した。発売は4月25日で、価格はオープンとなっている。推定市場価格は25,000円前後(税別)。

「ヘルシオ お茶 PRESSO TG-GS10A」

日本食やお茶の持つ健康効能に関心が高まっていることを受けて開発されたお茶メーカー。茶葉と水を用意するだけで、本製品が抹茶のような粉末状に挽いた上で粉末茶に適した温度のお湯で淹れてくれる。

本体向かって右下には、抹茶を作る際の石臼(うす)にならって作ったセラミック製の臼が設けられており、ここで茶葉を粉末化。1分間に約100回転という低速回転で茶葉の栄養を壊さずに、きめ細かな粉末状にする。本体背面のタンクではいったん水を沸騰。カルキを飛ばした後、本体前面のポット状のユニットで、粉末茶に適した温度でお茶を淹れる。

セラミック製の臼(うす)で、茶葉を粉末状にする

ヘルシオ お茶 PRESSOで粉末状になった茶葉(左)と、淹れたお茶(右)

茶葉を粉末状にすることで、急須で淹れた場合に約30%しか摂れない栄養成分をふんだんに摂取することが可能だという。急須で約2.3gの茶葉から淹れた場合に比べて、本製品で作った約0.4gの粉末茶では約1.9倍(65mg)のカテキンを摂取できる。そのほか、1.1mgのクロロフィル、88.2mgの食物繊維も摂取可能だという(いずれも100mLあたり)。

本製品では、温めたミルクを利用すれば抹茶ラテも作れるなど、アイデア次第でさまざまな用途に利用できるようになっている。ほかにも、粉末状にしたお茶を料理に利用するなど、多彩な楽しみ方が可能だ。なお、通常の粉末茶を楽しみたい場合は背面のタンクに水を入れるが、

主な仕様は、お茶メーカー部(タンク)の最大水量が420mL、粉末生成量が15分当たり4g、定格消費電力が930W(お茶メーカー部900W、お茶うす部30W)、待機時消費電力量が約0.4Whとなっている。サイズはW220×D207×H277mm、質量は約2.6kgとなっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

日本IBM、オールフラッシュ・ストレージ「IBM Storwize」の新製品発表
[15:12 8/25] 企業IT
ドコモショップが保険選びをサポート「ドコモでほけん相談」
[15:12 8/25] スマホとデジタル家電
たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア