厚さ0.03ミリ開発から11年 オカモトが0.01ミリ開発に成功

 

 厚さ0.03ミリ台の「ゼロゼロスリー」が2003年に発売され、0.02ミリ台の「ゼロツー」が2009年に市場へ──オカモトのコンドームは、いつも驚嘆と賞賛をもって迎えられてきた。だが、同社の茨城工場に勤務する研究開発や製造、品質保証部門のスタッフたちは、そのつど安堵と満足感に浸っていたわけではない。

「ゼロツーが世に出た瞬間に、『次はもっと薄くて、使用感がより自然に近いコンドームを』という目標が具体化したんです」

 こう語るのは、研究開発課の佐々木統・主任研究員だ。佐々木主任研究員のみならず、オカモトのスタッフたち全員が、「オカモト品質」というべきコンセプトを共有している。

 コンドームという製品の性格上、避妊と性感染症予防のための安全性は一切妥協しない。しかし一方で、着けていないような使用感ゼロの薄さを求めるお客様に満足してもらえる製品を提供し続ける──こうした創業以来の信念を共有するスタッフたちによって、0.01ミリ台を目指す「オカモトゼロワン開発プロジェクト」はスタートした。佐藤篤史・品質保証課長が、オカモトゼロワン開発の舞台裏を明かす。

「私はゼロゼロスリーの研究開発に携わっていました。当時、0.03ミリでも驚愕の薄さで、その頃は将来自分が0.01ミリの開発に携わるなんて想像もしていませんでした。ゼロゼロスリーから6年かけてゼロツー発売にたどり着けたのは、技術面での革新があったから。これらの蓄積がオカモトゼロワン誕生の大きな礎になっています」

 開発にあたって、まずは素材から検討された。天然ゴムラテックスや他の素材も候補として挙がったが、最終的にゼロツーと同じ水系ポリウレタンに決まった。しかし、ゼロツーと全く同じ素材では、さらに0.01ミリ薄くするうえで品質を保つことは難しい。佐々木主任研究員がいう。

「薄さは製造方法の技術革新で追求できますが、強度は原料次第なんです。柔らかさと強さを実現する理想の素材を求めて、原料の最適な配合比を探る日々が約1年続きました」

 こうして2014年1月20日、世界一“均一に薄い”うえに高い強度と安全性を誇るオカモトゼロワンが発表されたのだ。

「生産ラインに乗ったオカモトゼロワンは、オカモトの他のコンドームと同様に、包装前に全製品を検査するだけでなく、包装後や箱詰め後も抜き取り検査を実施しています」(佐藤課長)

 今年9月には、東京でコンドームの国際会議が開催される。オカモトは、ホスト国のナンバー1メーカーとして、オカモトゼロワンの品質と技術をアピールする。

「実は、コンドームの薄さの測定規格はありますが、表示には規定がなく、最も薄い部分だけを測定して表示している商品が少なくありません。オカモトは、先端から30ミリ、中央、根元から30ミリの3か所を計るISO規格の測定方法を採用し、薄さを表記しています。国際会議では、この3点測定法を強調して表示規格を提案していくつもりです」(佐藤課長)

※週刊ポスト2014年3月28日号



本記事は「NEWSポストセブン」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

乗り換えの情報だけじゃない。駅すぱあとの「駅すぱモール」がスタート
[16:23 6/29] 企業IT
さくらインターネット、モリサワのWebフォントをサーバ利用者に無料提供
[16:18 6/29] 企業IT
ドラッグストアで興味を持った物は何? - 日本在住外国人に聞いてみた
[16:12 6/29] ヘルスケア
ANA、羽田=米国路線のダイヤ確定--新ニューヨーク/シカゴ線は利便性に配慮
[16:07 6/29] 趣味
KDDI、60Tbps伝送を実現する光海底ケーブル「FASTER」を運用開始
[16:05 6/29] 家電

本音ランキング