ビックカメラ、69,800円の家庭用3Dプリンタ「da Vinci 1.0」を取り扱い開始

 

ビックカメラは13日、XYZプリンティング製3Dプリンタ「da Vinci 1.0」の取り扱いを先行開始した。18日よりビックカメラ全店で販売開始。価格は69,800円(5%税込、以下同)で、1%のビックポイントが付与される。

da Vinci 1.0(3DP01XJP00K)

家庭向け3Dプリンタとしては低価格となる、最大20cm四方の出力が可能な熱溶解積層法の3Dプリンタ。フィラメントカートリッジを内部に装填する設計でシンプルな外観となっている。素材はABS樹脂で、フィラメント直径は1.75mm。フィラメントの個別価格は3,280円。

プリントヘッドはシングルへッドで、ノズル直径は0.4mm。プリントスピードは150mm/s。プリントモードはFINE(0.1mm) / STD(0.2mm) / SPEED(0.3mm) / ULTRA FAST(0.4mm)の4種類。対応ファイルはSTL/XYZフォーマットで、3Dデータをダウンロードできる専用サイトを用意する。

本体サイズはW46.8×D51×H55.8cm、重量は約23.5kg(フィラメントを含む)。インタフェースはUSB 2.0。対応OSはWindows XP / 7以降、OS X 10.8以降。

ビックカメラでのda Vinci 1.0販売ページ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

東急電鉄「東急線アプリ」目的地までの所要時間実績を表示するサービス導入
[00:01 7/29] ホビー
[メイプル超合金・カズレーザー]CM初出演で“全身赤”封印 オレンジポロシャツで“パン田くん”とダンス共演
[00:00 7/29] エンタメ
[激マン!]永井豪の自伝的マンガ「キューティーハニー編」突入 主人公は女の子マンガ家
[00:00 7/29] ホビー
しりあがり寿、休館前パルコの展覧会で「ひとまずシメ」る立体作品飾る
[23:55 7/28] ホビー
阪急電鉄、西宮北口駅隣接地に「西宮北口阪急ビル」建設 - 2018年秋完成へ
[23:54 7/28] ホビー