デンソー、「第3回将棋電王戦」にロボットアーム「電王手くん」を提供

 

デンソーおよびドワンゴ、日本将棋連盟は3月12日、3月15日から4月12日にかけて開催される「第3回将棋電王戦」に、協賛企業としてデンソーが参画し、コンピュータソフトの差し手を盤上に再現するロボットアーム「電王手くん」を全5局に提供すると発表した。

これまで、コンピュータソフトとプロ棋士による対局では、ソフトが指示した手を人間が代わりに盤上に指していたが、ロボットアームの採用により、今回の対局では、プロ棋士の向かいに鎮座し、将棋を指す相手がロボット(アーム)へと変更されることとなる。

「電王手くん」は、同社子会社のデンソーウェーブが垂直多関節ロボット「VS-060」をベースに、棋士が安全かつストレスなく真剣勝負を行うことができるように、一部開発・改良を施したもの。駒が斜めになっていたり、ずれて置かれていても、アーム先端に装着したカメラが多方向から画像認識し1ミリの誤差もない着手を実現したほか、駒をコンプレッサで吸着し移動させるため、隣の駒に触れることがなく、公式棋戦と同じ将棋盤と駒を使用することが可能だという。

デンソーが開発した将棋用ロボットアーム「電王手くん」

また、棋士とロボットアームの間に目に見えない安全柵(エリアセンサ)を設置し、安全性にも配慮が施されているほか、ゆっくり指したり、早指しをしたりと自由に設定を変更することも可能だという。

なお電王戦は、ドワンゴと日本将棋連盟が主催する、現役プロ棋士5人と「第1回将棋電王トーナメント」で勝ち抜いた上位5つの最強コンピュータ将棋ソフトとの団体戦で、第3回となる今回は2014年3月15日~4月12日の毎週土曜日に全5局を行い、結果3勝した方が勝者となる。 第1局(3月15日)は「菅井竜也五段」vs「習甦」、第2局(3月22日)は「佐藤紳哉六段」vs「やねうら王」、第3局(3月29日)は「豊島将之七段」vs「YSS」、第4局(4月5日)は「森下卓九段」vs「ツツカナ」、第5局(4月12日)は「屋敷伸之九段」vs「ponanza」が対決する予定。デンソーのほかに、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア、日産自動車が特別協賛しているほか、おやつ協賛企業としてローソンが参画している。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

芸能人×一般人が”サシ”でトーク! 新番組『テレ東のさしめし』
[14:00 9/30] エンタメ
海原やすよともこ「お金に目をくらませない」『どこいこ!?』人気の秘密
[14:00 9/30] エンタメ
石原さとみ、1億円持ち上げられるか!? "おでんふーふー"にスタッフメロメロ
[14:00 9/30] エンタメ
新番組で政界進出を狙う武井壮に、ブラマヨ小杉「野心が見えて仕方ない」
[13:30 9/30] エンタメ
IEEE 802.3bz登場、ネットワークが最大5倍高速化
[13:30 9/30] 企業IT