Sophos、Microsoft月例アップデートでMacユーザにも呼びかけ

Sophosが運営するNaked Securityの記事「Microsoft Patch Tuesday - 5 bulletins, 2 critical, 1 for Mac users!」が3月12日(米国時間)に提供開始が予定されている月例のMicrosoft Windowsアップデートについて伝えた。今回のアップデートはWindows XPに提供される残り2つのアップデートのうちの1つとなる。4月にもう一度アップデートが提供された後はWindows XP向けにはアップデートは提供されなくなる。

今回のアップデートで先日発見されたIE10のゼロデイ攻撃に対する修正が取り込まれているかどうかはまだはっきりしないとしており、提供が開始されるまではFix itの適用、IE11へのアップグレード、セキュリティソフトウェアの導入、Flash Playerの無効化などの対策を取ることができると説明がある。

また同記事では、今回はMac OS Xのユーザにも注意を呼びかけている。Silverlightに修正が必要とされており、Mac OS XでSilverlightを使用している場合にはアップデートを実施する必要があるだろうと指摘している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事