ぷらっとホーム、M2MやIoT通信に対応するルータ内蔵のマイクロサーバ

 

ぷらっとホームは3月6日、M2Mやモノのインターネット(IoT:Internet of Things)通信に対応し、ルータ機能を内蔵したマイクロサーバの新モデル「OpenBlocks A7/IoTR」を発表した。

「OpenBlocks A7/IoTR」

本製品は、汎用LinuxサーバであるOpenBlocks A7をベースとし、拡張性に優れたインタフェースを持つほか、TCP/IPはもちろん、IEEE1888、REST、SOAPなどのインターネットプロトコルに対応する。メモリ1GB、フラッシュROM 256MB、ストレージは16GB SSDで、外形寸法はW81×D133.5×H32mm、重量は約230g。価格はオープン。

「OpenBlocks A7/IoTR」概要

また、Oracle Java SE Embeddedが搭載されており、ルータ機能の強化により、多拠点・多地点へのIoT展開が実現可能。従来はルータ+サーバの2機種構成であったシステムを1機種で実現する。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「デビットカード」ってどんなカード?
[07:00 7/29] マネー
米利上げ見通しは過小評価されていないか
[07:00 7/29] マネー
ねこのはなしをしようか 第17回 網膜が焼ける
[07:00 7/29] 趣味
熱中症になったことがある人は54% - 意外と知られていない対処法は?
[07:00 7/29] ヘルスケア
ふるさと納税、認知率はほぼ100%も実施率は10%にとどまる - なぜ?
[07:00 7/29] マネー