大阪府・梅田ロフトでドラマ「あまちゃん」のファンによる妄想展覧会を開催

「究極のあまロスの森 おら、いつまでたっても"あまちゃん"が大好きだ! 展」ポスター

梅田ロフトは7日から4月6日まで、「究極のあまロスの森 おら、いつまでたっても"あまちゃん"が大好きだ! 展」を開催する。

ファンが創る妄想全開の展覧会

同展は、2013年NHK朝の連続小説として放送されたドラマ「あまちゃん」をファン視点で振り返る展覧会。同ドラマのファンによるファンのための、"わかるやつだけわかればいい妄想展覧会"となる。

会場では、プロのクリエイターをも巻き込んだファンが創る「あま絵」を展示。ドラマに登場した各シーンの"妄想再現"や、「あま絵」作家やファンによるステージイベントも開催する。

また、ロケ地である久慈市をはじめとする「東北・三陸地方」の魅力を紹介。震災から復興し、今年4月に全線開通する「三陸鉄道」を応援することを目的とした、文化・物産による「三陸PR」も行う。

入場料は、大人が300円、小学生以下は無料。会場の所在地は、大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト5階。開場時間は10時30分から21時まで。入場は閉場の30分前までとなる。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事