東京都・六本木でGoogle「震災から3年、キオクと復興の今」展を開催

「震災から3年、キオクと復興の今」を開催

Googleは5日~11日、東京都港区・六本木ヒルズ大屋根プラザにて「震災から3年、キオクと復興の今~ 写真とストリートビューでたどる震災と復興の3年間。」を開催する。

震災前の美しい風景、震災直後の被害の状況を写真と動画でたどる

同社は、東日本大震災の被災地に関連する写真・動画を共有するためのサイト「未来へのキオク」を展開。同サイトには、震災前の町並みや風景、イベントなどに関する写真・動画や、震災後の状況を記録した写真や動画を、ユーザーが投稿したり、投稿を呼びかけることができる。

同展は、東北の震災前の美しい風景、震災直後の被害の状況を「未来へのキオク」に寄せられた写真でたどるものとなる。

震災直後、一番最初に立ち上げられた安否確認サービスの「パーソンファインダー」に始まり、被災を記録したストリートビュー、そしてインターネットを通じた復興支援「イノベーション東北」へと、3年間で移り変わった東日本大震災とGoogleとの関わりを展示する。

期間中、毎日開催されるトークショーでは、ストリートビュー撮影の裏側や、津田大介氏が登壇して新しい東北との関わり方などを紹介。また会場に設けられた特別ルームでは、ストリートビューの大型プロジェクションによる展示を行い、風景の移り変わりを震災前、直後、 2年半でたどることができる。

開催日時は、3月5日~11日 11時~20時。会場は、東京都港区六本木・六本木ヒルズ大屋根プラザ。入場無料。その他、詳細は未来へのキオクWebページを参照のこと。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事