サンリオピューロランド、4月からチケット料金を値下げ

「サンリオピューロランド」がチケット価格および区分を改訂する

サンリオエンターテイメントは4月1日より、同社が運営するテーマパーク「サンリオピューロランド(以下、ピューロランド)」のチケット価格および区分の改訂を行う。チケット料金・区分の改訂は、1992年2月以来となる。

消費税増税後、より求めやすい料金体系に変更

料金改定後は、現状 大人4,400円、中人4,000円、小人3,300円のパスポート料金(3月31日まで)を、消費税増税後も変わらず気軽にピューロランドを楽しめるよう、より求めやすい料金体系に変更。新たに「休日(土日祝日および同施設の指定する学校休日)料金」「平日料金」を設け、休日は大人(18歳以上)3,800円、小人(3~17歳※高校生)2,700円、平日は大人3,300円、小人2,500円、 (すべて税込み価格)に設定する。2歳以下は無料。

「入場券」を廃止し、アトラクションが楽しめる「パスポート」に一本化

利用者の利便性を考え、「入場券」を廃止し、入場とすべてのアトラクションが楽しめる「パスポート」に一本化するほか、現在運用中のインターネットで事前にチケットが購入できる「e-ticket」 サービスも継続して提供する。

同施設の住所は、東京都多摩市落合1-31。営業時間は、平日10時~17時、休日10時~18時。

(C)2014 SANRIO CO., LTD.

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事