凸版印刷、Bluetoothを用いた屋内測位技術を確立 - 1m単位での計測が可能

凸版印刷は、同社の位置連動型コンテンツ配信O2Oソリューション「Cylsee(シルシー)ジオ」と、空間情報事業を展開するリベラの測位技術の活用により、店舗における消費者の購買前の動きを見える化する、Bluetoothを用いた高精度な屋内測位技術を国内で初めて確立したと発表した。2014年夏を目標に、店舗内回遊履歴と購買情報を組み合わせたビッグデータ分析サービスへと展開していく予定。

Cylsee ジオは、利用者の現在地に応じて、クーポンや広告などのコンテンツを、専用アプリがインストールされたスマートフォンへ最適に配信するO2Oソリューションで、屋内での位置測位技術として、Bluetooth方式をいち早く採用。Wi-Fi機器や音波発生器などを利用した他の方式と比較し、省電力化と小型化を実現している。

Bluetoothを活用した位置計測技術と、位置測位アルゴリズムを用いて複合的に解析するため、約1m単位での位置情報の計測が可能で、店舗のどの通路を通過しているか特定出来るため、動線を行動ログとして取得できるようになる。

また、ボタン電池で約1年間使用できる小型Bluetoothタグを使用しているため、両面テープや磁石で簡単に設置できる。Bluetoothタグは、iBeaconにも対応。消費者にコンテンツをプッシュ配信し、詳細情報やクーポン情報を表示させる用途としても利用でき、屋内測位技術と組み合わせることにより、距離別の情報配信だけでなく、商品棚の前にいる人だけに配信することも可能だという。

位置連動型コンテンツ配信O2Oソリューション「Cylsee ジオ」店舗での利用イメージ

利用者はスマートフォンで専用のアプリを起動した状態でエリアを移動することにより、複数のBluetooth信号を受信。この信号は解析サーバに随時送信され、サーバ上の位置測位アルゴリズムにより、現在地や滞在時間、移動時の向き、軌跡などのデータが取得できる。また、設置したBluetoothタグは、iBeaconにも対応しており、商品棚前やレジ前など、場所に応じたコンテンツ配信に利用可能。

本技術は、複数の屋内施設の多様なレイアウトや、流通店舗での実験により、店舗内における動線分析に有効であることが実証されているという。

凸版印刷は、本技術の精度をさらに向上させ、このデータを活用した店舗内の回遊履歴や商品棚別の消費者の滞在時間といった消費者の購買前の行動分析を行うとともに、さらに、さまざまな購買情報を組み合わせたビッグデータ分析サービスを、2014年夏から開始予定。

計測された顧客動線のサンプル

また、流通店舗に加えて、博物館、美術館、企業ショールームなどの展示案内、工場・物流倉庫の作業管理など、屋内測位技術を中心にした位置情報ソリューションを展開していく。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事