Firefox、プラグイン不使用に向けた対応強化

掲載当初、「Firefox、プラグイン廃止へ」というタイトルの下、「プラグインを削除する方向で作業を進めている」と記述しておりましたが、誤りであったため修正いたしました。ご迷惑をおかけした読者の皆様ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。

Firefox web browser - Faster, more secure & customizable

Mozillaは「Mozilla Security Blog - Update on Plugin Activation」において、セキュリティ強化を目的として、Firefoxのプラグイン(メディアの再生などで必要になるソフトウェアの追加機能)不使用を強化する方向で作業を進めていることを伝えた。

Firefoxでは以前から対応を進めており、現在のバージョンではプラグインはデフォルトで無効。プラグインの使用が必要になるページを開くとプラグインを有効にするかどうかをたずねる「click-to-play」という機能が動作する仕組みになっている。記事ではWebサイトの作成者に対してプラグインの使用を停止することを強く呼びかけている。

しかし、すでに業務で利用しているなど、プラグインを欠かすことができないユーザがいることも事実としており、しばらくの間は「プラグインホワイトリスト」という仕組みを提供することも伝えている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事