チラシを見たユーザーの来店が分かる! 「Shufoo!来店クーポン」の実証実験

凸版印刷が運営する電子チラシポータルサイト「Shufoo!(シュフー)」はこのほど、電子チラシを見たユーザーの来店が確認できるサービス「Shufoo! 来店クーポン」の実証実験を、イトーヨーカドー木場店(東京都・江東区)にて実施した。実施期間は2014年2月14日~20日、および2月24日~3月2日。

「Shufoo! 来店クーポン」 概要

凸版印刷は、位置連動型コンテンツ配信O2Oソリューション「Cylsee(シルシー)ジオ」を活用し、「Shufoo! 来店クーポン」を開発。同サービスでは、「Shufoo!」で配信する電子チラシを通じて、店舗での電子クーポン配布の情報をユーザーへ告知し、ユーザーはその情報を基に店舗へ行き、「シュフーチラシアプリ」とBluetoothを介して、スマートフォンやタブレット端末で電子クーポンを抽選などで取得する。取得したクーポンは、店舗サービスカウンターやレジなどで特典に交換することができる。

「Shufoo! 来店クーポン」実証実験の電子チラシ

チラシ閲覧から来店したユーザーの行動は「Shufoo!」上のサーバでログが取得され、凸版印刷は、閲覧・来店状況をレポートとして流通・小売店舗などへ提出する。

今回の実証実験では、「Shufoo!」の電子チラシと「Shufoo!ミニチラ」の配信内容・告知タイミングを変化させることで来店者数の変化を計測した。

「Shufoo! 来店クーポン」のメリットとしては、企業側は、電子チラシの配信から「Shufoo!」ユーザーの来店が把握できるほか、来店を促進するため、来店時にクーポンなどの特典を付与することが可能となる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事