小芝風花、『魔女の宅急便』初日舞台あいさつで涙「胸いっぱいでうれしい」

 

公開初日を迎えた映画『魔女の宅急便』の初日舞台あいさつが3月1日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の小芝風花、尾野真千子、寿美菜子、広田亮平、清水崇監督が出席した。

左から寿美菜子、小芝風花、尾野真千子

宮崎駿のアニメーション映画や蜷川幸雄演出のミュージカルなどで大ヒットを記録した角野栄子原作の同名児童書を初めて実写映画化した本作。主人公のキキに映画初出演の小芝風花が抜擢されたほか、キキの相棒である黒猫のジジに人気アニメ『けいおん!』で琴吹紬役の声を担当した人気声優の寿美菜子が演じるなど、公開前から注目を集めていた。

初日舞台あいさいつに登場した小芝は「撮影が終わって半年ありましたが、今日まで長いと思ったらあっという間で、お客さんがこんなにも沢山集まって下さってうれしいです。『魔女の宅急便』はアニメ版もあって色んなイメージを持たれている方もいらっしゃると思いますが、今日見て『楽しい』と言ってくださり、それだけで胸がいっぱいで本当にうれしいです」と涙を流す場面も。さらにこの日は台湾、香港、シンガポール、インドネシア、スペインといった国々での公開も発表され、「そんなにたくさんの国で上映して下さるんですか? 今回は小豆島や岡山などで撮影したんですけど、日本の美しい大自然を世界にお届け出来ることは本当にうれしいですね」と笑顔だった。

また、尾野は小芝について「キラキラしてましたよ。私も15歳でこの世界に入りましたが、こんなにキラキラしている姿を見てうれしい気持ちになったし、私もこうだったのかと色々考えました。色んな刺激をいただいてうれしかったです」と話すと、小芝は「尾野さんはめっちゃ面白かったです。私も関西出身なんですけど、緊張していたら関西弁で話しかけてくれたりしました」と尾野に感謝の言葉。そんな2人のやり取りに清水監督は「(尾野が)僕のサンダルに"ウンチ"という落書きをしてました。今日も一発ギャグを期待しています」と尾野を名指しすると、尾野は「期待には応えられません。現場で一発ギャグはやらないですよ(笑)。現場では至って真面目です!」と慌てていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事