松山ケンイチ、内野聖陽との喧嘩のシーンで本気 - 映画『家路』

公開初日を迎えた映画『家路』の舞台あいさつが1日、東京・新宿ピカデリーで行われ、松山ケンイチ、田中裕子、安藤サクラ、内野聖陽、久保田直監督が出席した。

左から安藤サクラ、内野聖陽、松山ケンイチ、田中裕子、久保田直監督

本作は2011年3月11日に発生した東日本大震災後の福島を舞台に、故郷を失ったある農家の家族を監督デビュー作となる久保田直が描いた作品。オール福島ロケで行われた本作は、第64回ベルリン国際映画祭に正式出品され、現地で好評を博した。

松山は「これは過去の話ではないし、今扱っている物語で、そういう作品っていうのはすごく大事にしています。この作品に出会えたことにも感謝していますし、福島のロケでも沢山大事な出会いもありました。内野さんや田中さん、(安藤)さくらちゃんともご一緒にやらせていただけたのはうれしかったですね」と感慨深げ。撮影エピソードとして田んぼで内野と喧嘩するシーンを上げて「(内野は)ガタイが良くてストイックな方ですから、本当に殴られちゃったらどうしようと思いました。案の定、力を入れられたみたいで自分の身を守ることに気が行ってしまい、服が全部めくれ上がってお腹を見られてしまい、恥ずかしい感じでしたね」と明かすと、名指しされた内野は「パンツまで見えてましたね」とやり返して会場の笑いを誘った。

また、本作で内野と夫婦役を演じた安藤サクラは「感動というか素敵な映画を見たというのが自分の中に残っていたので、ここに立っているの不思議というか、プラプラした気分です。何を喋っていいのか分かりません」と戸惑いを見せるも「内野さんと結構濃厚なシーンがあるんですよ。内野さんは結構汗をかく方なんですけど、香水をつけてないのにいい匂いというか、何とも言えない忘れられない匂いが良かったです」と語り、「伝えられて良かった~!」とホッとした表情を見せていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事