東京都内で「猫付きマンション」が続々と拡大中

 

憧れの「猫がいる暮らし」を実現できる

猫の保護活動を行う東京キャットガーディアンは、同団体のホームページにて、「大家」と「猫の保護団体」「入居者」の三者による飼い主のいない猫の保護ボランティア活動「猫付きマンション」を案内している。

猫付きマンションとは

猫付きマンションは、「猫との生活を希望する入居者」と、「マンション経営で猫の助けになる活動をしたいと考えるマンションオーナー」、「成猫の保護場所を作り、多くの猫を救いたいと考える保護団体」の三者の思いが合致したシステム。新しいボランティア活動として、行政からも了承を得ている。

飼育を希望する人は、面談の上、所有権ではなく一時保護の場所として同シェルターの猫を選び、ペット飼育可能のマンションで猫を飼うことができる。「転勤が多い」「高齢だから心配」など様々な理由で猫の飼育をあきらめている人も猫の飼育が可能だ。

キャットタワーつきの物件も!

現在、同団体のホームページでは、東京都の荻窪や練馬などの「猫付きマンション」の情報を公開している。ワンルームからテラスハウス、ロフト付きなど様々な部屋タイプがあり、中にはキャットタワーやキャットウォークが付いている物件も。それらの対応物件に入居後、シェルターで成猫を選び、猫との暮らしがスタートするという流れとなっている。

猫付きマンションの一例。さまざまな部屋のタイプを用意している

オーナーも募集中

また、所有するマンションを猫対応マンションとして貸し出すオーナーも募集している。戸建や一部屋から貸し出しが可能。防音対策や猫ひっかき防止用壁など、部屋を猫仕様部屋に変える相談等も行う。

詳細は、東京キャットガーディアンWebサイトで案内している。引越しシーズンであるこの機会に、是非検討してみてはいかがだろうか。

関連キーワード

人気記事

一覧

2016年8月27日の運勢

イチオシ記事

新着記事

小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電
[鈴木保奈美]10年後も「元気で身軽な人でいたい」
[22:40 8/27] エンタメ