『キカイダー REBOOT』旧作を継承したキカイダー&ハカイダーの新デザイン公開

 

5月24日に全国公開される特撮映画『キカイダー REBOOT』より、41年ぶりに甦る「キカイダー」と宿敵「ハカイダー」の新ビジュアルが公開された。

新旧キカイダー(左:新、右:旧)

今回の発表では、キカイダーとハカイダーの新ビジュアルの公開とともに、1972年当時のジロー/キカイダー役を務めた伴大介の出演も正式決定。謎の心理学者・前野究治郎を演じるという。伴は「皆さん、お久しぶりでございます。『キカイダー』の世界に再び参加できたことを、非常にうれしく思っています」と喜びを明かしながら「この作品は、観終った後に心が温かくなる"ラブストーリー"です。新"ジロー"の入江さんは長身で、スポーツマンタイプ! 現代の若者らしい"ジロー"が今から楽しみでなりません!」と、新・旧ジロー共演の実現とともに、本作で主人公のジロー/キカイダー役を務める入江甚儀に期待を寄せている。

新旧ハカイダー(左:新、右:旧)

撮影の衣装合わせで伴に初めて対面したという入江は「『大丈夫!』と声をかけていただき、"ジロー"のバトンを繋いでいただいた気がします。『良心回路』という心を持ってはいるけれど、機械。そんな、じれったい様なある種、アンニュイな存在になれるように、意識してどちらかに偏った芝居をしないように演じています」と難解なキャラクター像を説明。さらに公開されたビジュアルについて、キカイダーを「41年前のデザインを大胆に残しつつ、青と赤のデザインの差が微妙に多くなっています。正義と悪のデザインが、より強調されている」、ハカイダーを「男なら誰でも憧れるダークサイドな感じが出ていて、ずるいくらいにカッコイイです! 脳みそ丸出しなのが最高です!」と、それぞれに称賛を送っている。

伴大介(右)と入江甚儀

また、東映の白倉伸一郎プロデューサーは「新ビジュアルは、"いかに元の良さを残すか"にこだわっています。簡単に、今風のスタイリッシュなデザインに仕上げてしまうのではなく、"いかに旧作『キカイダー』の良さを残すか"ということにこだわりました」と、旧作をしっかりと継承したデザインであることを説明。そして、「"キカイダー"に関しては、曲線を活かしたレトロ感のあるデザインで優しさと強さを表現。"ハカイダー"はかっこいいダークヒーローを目指しながらも、人間の愛らしさを残すために、よく見れば可愛らしい、円らな瞳や笑ったような口にしました。いずれも、造形技術の限界を超えたところに、結果として面白さが生まれる"企まざる面白味"を追求したデザインが出来上がったと思います」と、新たなヒーローとそのライバルのデザインに太鼓判を押した。

1月30日に行われた「東映のラインナップ発表会」でリメイクが発表され、大きな話題となった『人造人間キカイダー』は、石ノ森章太郎氏原作による特撮TVドラマで、1972年~73年にテレビ朝日系で放送。左右非対称のユニークなビジュアルと深いドラマ性から、当時は同じく石ノ森氏原作の『仮面ライダー』と人気を二分するほどだった。脚本に二年を要し、デザインも一新されて41年ぶりにリメイクされる『キカイダー REBOOT』は、文字どおりREBOOT=再起動の時を迎える。

白倉プロデューサーが「これがある種の東映の源流といっても過言ではない。ライダーでも戦隊でもなく、キカイダーこそが源流」と発表会で語った、本作のテーマは愛。舞台は未来の日本で、人間では抗えない問題をロボットに解決させる「ARKプロジェクト」の中枢、世界的ロボット工学の権威・光明寺ノブヒコが、実験中に謎の事故死――暴走する「ARKプロジェクト」に、光明寺が残した主人公ジロー/キカイダーが戦いを挑んでいく。身近に感じられるストーリーを展開しつつも、幅広いエンタテインメントを追求するKADOKAWAと、長く"ヒーロー"という存在を世に問い続けた東映がタッグを組み、コアなファンをも魅了する全く新しい『キカイダー』が描かれるという。

(C)石森プロ・東映
(C)2014「キカイダー」製作委員会

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『ステラのまほう』、アニメキービジュアル&メインキャストを公開
[16:39 6/27] ホビー
iiyama PC、税別39,980円のM.2 SSD搭載15.6型ノートPC
[16:31 6/27] パソコン
NEDO、電力系統の安定運用に向け太陽光発電の遠隔出力制御システムを開発へ
[16:24 6/27] テクノロジー
[内田彩]「ラブライブ!」声優が初ツアーを完走
[16:18 6/27] ホビー
KDDI、バットマンモチーフの「Galaxy」7月4日予約開始 - 限定100台で14万円
[16:17 6/27] 携帯

本音ランキング